MS blog

私小説的体験ブログ。

芸を磨く

碁打ちは1週間勉強をしないと爪が生えてくる。
大酒を食らっても、家に帰れば一局を並べるのが碁打ちだそうな。
将棋指しも名人位と言うより、上を目指して指し続ける。
ジャバ将棋でさえ終盤の寄せ合いではプロを凌ぐだろう。
だが、研究したプロはコンピュータを21手で嵌めることができる。
コンピューター将棋とプロ将棋指しの対戦は花将棋である。
スポンサーを喜ばすのが囲碁将棋界。
箸は二本である。
渡辺はPCソフトに負けを認めてるヘタレである。
こいつが名人位を目指す意味が理解できない。
渡辺はPCを悪用していないと言えるのか。
将棋連盟会長が辞任したそうな。
そう言う問題ですか。
将棋指しの目指す「芸」とはその程度か。
車夫馬丁のゲームであった。
徳川幕府が碁所を認めていただけなのには理由があるということだ。
似非真剣師の世界、それが日本将棋連盟である。
小池重明を阻止した将棋指しで順位戦に残っているのは、森、高橋くらい。
芸道を放棄した将棋は消えてゆくだろう。
ただ、大山升田の棋譜は残る。
中国将棋駒のような面構えの者等が大中華大盛キムチ将棋連合を作り、
世界名人を目指せば良し。 
碁敵は憎さも憎し懐かしき。
 

真剣師小池重明は全盛期の大山康晴と角落戦で闘いその勝負に勝った。
これは次は香落ちそして平手と言うことである。
大山康晴と角落ちで対戦できると言うことは、小池の棋力が最低順位戦Cクラスは
あったということである。
芹沢博文も小池に完膚なきまでの敗北をきした。
その小池が東海の真剣師花村元司にならい順位戦参加が論じられた。
その編入試験試合で小池を阻んだのが当時最強といわれた南八段以下。
順位戦Aクラスの棋力は素人の想像できるところではない。
小池も私生活故にプロにはなれなかった。
私生活は乱れていたが、A級プロ8段経験者でも酒女博打に逃げる者はいる。
囲碁棋士は「法因坊」を目指す。
強くなければなれない。強いだけではやはりなれない。
「芸」というのは力のことではない。力の背後にある全体であり、赤青白がつよい龍、虎、鳳の
モンゴル格闘技と相撲道は違うわけである。
大山康晴がみとめ羽生善治が目撃した強い将棋指し。
順位戦に参加できなかったから名人位はとれない。
だが、それも実力のうちであった。
ニコニコ動画で将棋連盟頑張って貰いたい。
金を追うなら美人棋士でガールズバーだ。なにを教えてくれるか期待だけで満員ですよ。
 

渡辺竜王メディア取材に応じたことを謝罪

日本将棋連盟棋士渡辺明竜王が同じ将棋連盟棋士である三浦九段がスマホの将棋ソフトを
不正に利用していると指摘し、三浦九段は出場停止。
渡辺竜王主張の根拠は「それしか考えられない」ということである。
この渡辺竜王の主張を独占取材し記事にしたのが週刊文春。
渡辺竜王嫁は漫画家で講談社編集者であり殺人事件被疑者の朴鐘顕が担当と業界人から
聞いている。
(伊奈めぐみ「将棋の渡辺君」作者)
ところが、将棋ソフト利用は第三者委員会が調査しても立証できない。
もとより、三浦棋士がソフト利用を行っていないという、事実のなきことの証明は出来ない。
(論理的に出来ない。悪魔の証明という。)
であるから、渡辺がその立証を出来ないのなら、渡辺の三浦への不法行為は明らかである。
将棋連盟は会長谷川減給三月で事を納めようとした。
将棋プロも順位戦棋士になると、その力はとうてい素人の及ぶところではない。
こういう特殊業界のトラブルはその世界を知る者等が調査判断解決をせねばならない。
棋士大山康晴はこの事態をどう見るだろう。
将棋棋戦のトラブル不満は将棋連盟会長現役順位戦棋士谷川一人で裁いて文句の言える者は
いない。
この事件で唯一棋士羽生が「疑わしきは云々と」発言していた。
これはそういうことではなく、無理筋以外の何物でもない。
身内の不始末をそれしかあり得ないと、外部のメディアに流す渡辺は専門家集団であり
人生と生活をかけている社会集団である将棋界で闘う資格がない。
この一人の奇人の言動を週刊文春に持ち込んだのは誰だろう。
だいたい予測は付くが渡辺が積極的に関わっていたら犯罪であろう。
日本将棋連盟は元検事総長を第三者委員会の会長に選び、問題を外部に丸投げした。
順位戦でこのような卑劣な動きがあるなら、
名人戦は中止すべきである。
将棋所以来の伝統は毀損された。
将棋連盟は名人位を返上すべきであろう。
江戸時代に戻り、囲碁界に預かって貰うしかない。
狭い特別な世界をメディアに売り渡す輩の棋譜に価値はない。

いまそこにある危機

南署管内の事件とは。
横浜南区の交番事件通知看板は他とちょっと違う。
空き巣~車上ねらいは、他地域の交番でもありるが、
この地域の筆頭事件は路上強盗。
最近、振り込め詐欺が追加された。
そして自転車・オートバイ窃盗。
この地域は南東に中村町界隈というドヤ街(寿、松影が有名)がある。
皆さん年金を貰い静かに暮らされている方々が多い。
北西側は黄金町。
自転車車関係企業商店が多い地域で自転車は盗まれがちなところで、皆輸出に回されている。
路上強盗はあり得るところで、夜は散歩しないところです。
オレオレ詐欺は猖獗を極めとうとうドヤの年金まで狙い始めたのか。
一時期は日本最大の出稼ぎ人口を抱えた街でその歴史は江戸時代から続いている。
横浜も、ここあたりを横山剣が「イイネ」と歩くことはない。
なぎら健壱も歩けない。
山手トンネル抜けて元町を過ぎてここらあたりに来るとそこに浜の原点がある。

高知東生は四国高知からでてきて、横浜の住人になったが、伊勢佐木警察署近くで逮捕された。
それも横浜の厚生省分室に逮捕された。
高知は借金があったようでその金額はクスリの売却益で埋めるのにも苦労する額。
そういうわけで、強制リクルートされたようだが、地元業者と顧客がぶつかると、
通報されがちな場所です。
人生行路をリセットされた高知東生は何所に行くか。
すでに地元でしょう。

伊勢佐木、南、加賀町あたりの警察官の職務質問をよく見る。
テンパっている人はすぐわかりますから。

1 ミンダナオのシャブ屋はイスラム過激派の山賊
単なるマフィアでなく、イスラム過激派がシャブ誘拐強盗を公然と行ってきた地域の
一般住民(イグレシア・ド・キリスト)がドゥトルテ大統領を支持するのは当然であります。
横浜の一部にもそういう雰囲気はある。
シャブ、ヘロイン、コカイン、マリワナはマフィアの兵器です。大国でも使う兵器です。

2 トランプ次期大統領がロシアでの出来事を説明した。

マスコミを呼んで1時間以上説明したようです。CNNはきたかどうかわからない。
ロシアとの関係を説明したが情報元云々の話だったらしい。
安倍・ノーというのとトランプ・ノーというのは同じ現象でノーと言っている者等は同じ餌を
食っている。
トランプ氏はヒラリーのようにリセットボタンは押さないとゆうとった。
ハッキングする奴は許さない。
ハッキングは意味が違えどやっている奴がいる。
中国、メキシコ、日本だそうな。赤字の順番ならドイツが二位ではないか。
理屈ではない。コレクトネスではない。都合だ。
この意味は、ヒラリーメール抹消問題は追及できるぞという意味ととらえるのが妥当でしょう。
ヒラリーのメールが皆開封されたらオバマ現(もうすぐ前)大統領さえ逮捕されかねない。
まあ、CNNが必死になるのも逆の意味でわかる。

3 みずほ銀行事件をギョウセイ事件にしたい理由。
ギョウセイ裏金隠蔽とギョウセイ株麻生側譲渡とは別の話。
隠蔽が終わったから、売却できるし、金のある奴が買うのはあり得る。
(金のないわたしが買えるわけない。それを笑うあなたは上記事実を認知できていますか)
ギョウセイとさわげば、ヤクザの銀行恐喝が隠蔽できるかもしれない。
及川幹雄は彼方此方に行き話していて、
その中で陳述書にして提出したものもある。
アクセスジャーナルには4部にわたって陳述書が掲載されている。
及川幹雄は某政治家事務所にも出入りしていて、そういうことは報道されていない。
富士銀行赤坂支店もいまはみずほ銀行です。

大麻禁止はあたりまえ。
アメリカがそれを許可したら動乱の歴史が延々と続く。
アメリカ大統領も金で買われている時代が来たかもしれない。いやそういうことは万引きと
同じ現象であります。

みずほ銀行を敗訴させる判決を裁判所が書くか。
そう言う事例なら、みずほ銀行は及川幹雄を告訴している。
 
ギャラリー
  • 芸を磨く
  • 芸を磨く
  • いまそこにある危機
  • 現代のマスコミ
  • 現代のマスコミ
  • 現代のマスコミ
  • 現代のマスコミ
  • 不動産詐欺師今昔
  • 笹井文男というレジェンド