MS blog

私小説的体験ブログ。

まさかの坂を昇るのは、、、、?

ロドリゴ・ドゥテルテ氏がフィリピンの大統領選挙に立候補表明したのは昨年11月。
泡沫候補扱いされていたが、大統領選挙にでたら一番やっかいな人物として知られていた。
じつは泡沫ではない履歴を持つ人物であった。
ロドリゴは法律家であり、大学での指導教官はフィリピン共産党の創立者である。
ダバオの市長として長年ダバオ市政を差配してきたが、この人はフィリピン共産党とチャンネルを持っていて、
そういう関係性があって初めて、ミンダナオ、ダバオで長期市政を差配できたと考えるのが妥当でしょう。
さて、だからといって中国共産党と良い関係になるかはわからない。
中国の狗といわれていたラモス元大統領を香港に派遣して対中国外交をさせている。
これは最大の懲罰ですな、と多くのフィリピナスの方が申されていた。
88歳のラモスに何が出来るか。

1 オバマ大統領が面白い奴と評したロドリゴにとってオバマは過去の人。
結局、「黒い○○コ」と言い放ったロドリゴとオバマ会談はなかった。
オバマ大統領は去る人であるからロドリゴにとってどうでもいい人なわけである。
ロドリゴが待つ人は次期アメリカ大統領。
それはあと50日後くらいにわかる。
HRCの支持するH.R.CかTrumpか。

2 一般論ではH.R.Cが大統領になる。

ヒラリークリントン氏が履歴上大統領候補として優位であろうが、
Trump氏が共和党予備選を勝ち抜いたのは、アメリカ大衆がいわゆるB&B履歴(
the Best and the Brightest)を否定したからである。
最近の選挙予測では、H.R.Cの優位もわずからしい。
H.R.CとTrumpは年齢はほぼ同じ。
ただH.R.C氏の健康問題が浮上してきた。


3 アメリカ中を飛び回る選挙運動。
身体的負担は大きい。

4 副大統領候補が重要です。
n-TIM-KAINE-large570

images

民主党も共和党も常識的な副大統領候補のようです。
ペインさんはハンサムですし、ケインさんはクマのプーさんみたいです。
アメリカは人材豊富です。
それに実利的な国ですから。
ジョンソン大統領は立派な大統領でした。

全否定は得策でないかも。

田中角栄が最近ブームになっている。
時代の生んだ傑物であること間違いないが、贈収賄で逮捕され裁判中に死亡。
いまだに贈収賄罪の成否が語られているが、
田中角栄の贈収賄刑事事件は有罪が決まっていたという。
さてその意味と理由であるが、田中角栄は贈収賄罪の請託の趣旨とか証拠がアメリカにあるだけ
とか、について争っていたという。

さて、田中は外国為替管理法違反で最初に逮捕された。
田中はその前提事実の金銭の授受を認めなかった。
だが、榎本秘書は現金受領を唄い、運転手Kは自殺してしまった。

田中が外為法違反事実を認めれば罰金刑であったろう。
しかし総理大臣であった田中はその事実を認めるわけに行かない。

そういう状況を作り、贈収賄罪で逮捕起訴。
田中のいかなる弁明も引かれ者の小唄である。
金銭授受を否定したから、その授受の趣旨を争うことは事実主張の基礎に矛盾がある。
すなわち、言い訳無用の世界に入ってしまったのが田中角栄である。

全否定は、それを裏づける事実の証明が難しい。
ないものを証明することは困難だからだ。
田中角栄はトラップに落ちた。
最初の逮捕事実を認めていれば罰金刑、政界は引退、しかし再登場できたであろう。

1 真珠宮ビルの場合。
公正証書原本不実記載事件を認めていれば罰金刑。
菱和社は存続できず、金を貸していたリーマンブラザースも非難され、
後藤忠政もヤクザは辞めざるを得ない。
ところが、公正証書原本不実記載事件を全否定して無罪は取った。
マスコミ総動員で無罪を取った。
ところが、殺人事件で政竜会会長以下が逮捕され、実行行為者はタイで殺される。
その後も不自然な死が続き、後藤忠政は裁判でつじつま合わせに終始した。
そうこうするうちに、地権者の一人がフィリピンに軟禁されていて、
軟禁していた福岡勇次の息子はモンテンルパに入れられる。
それを警視庁刑事が裏金を使い刑務所から出して、刑期が終わらないのに日本に連れ帰る。
最初に軟禁したときもジャーナリストが裏金を使い監禁を幇助していたことが明らかになる。
後藤忠政はカンボジア国籍を取ったが現在日本にいる。ビザを取って日本にいるのか、
日本パスポートを返納していないのかは不明。
真珠宮ビル公売は中止になり、後藤忠政大ショックとか。

この事件も、全否定を通しているうちにボロが出てきて収拾不能となった。

新橋4丁目地主失踪事件の成り行き次第で真珠宮ビル捜査も裁かれるだろう。

隠蔽は出来る。しかし隠蔽していることはバレるだろう。
それは隠蔽にならない。

2 蓮舫の場合
この人の説明も二転三転している。
国籍の問題である。
さて、直近の報道では、台湾籍を抜いて、日本国籍を選択した届けを出したとある。
そうすると、今まで日本国籍選択していたという主張が根本から崩れる。
こうなると、いったい何なんだ、二番で良いのでしょうか、謝蓮舫。
この人も全否定の人である。
事実があって、全否定すると、その事実指摘で、人格のすべてが否定される。
全否定人格者である。
目黒区や渋谷区の有名不動産業者とよく飲んでいるようだ。
そういうことは、見られていて、否定すれば、あの日のことをいわれる。

構成要件事実を否定して、否定を裏づけられず、起訴する側の構成要件事実も崩せないと、
見事有罪になる。事実を話せば、構成要件事実を崩せるが、
全否定の人は、それを言えないのです。
田中角栄は金銭授受を否定するしかなかった。
結果、その弁明は遠吠えでしかなかった。

殺人者が一度罪を免れて、再犯する。ということがあるとする。
そういうことがあると、全否定が崩れたりする。

新橋4丁目失踪事件と電通ワークス事件そして真珠宮ビル

「〇×さん、どちらの味方をしたら得かはわかっていますよね。」
こう電通ワークス社員がのたもうたという。
 〇×さんは深刻な選択を迫られる。電通ワークスとLED詐欺の関係を話せば得でないことが
起きる可能性が極めて高いのである。
電通ワークスは広告代理店電通でありそのようなビックな存在を刑事事件の当事者として
〇×さんが結果的に語ってしまうことは危険なのである。
電通ワークス事件で逮捕されたのは高橋利久。
(敬天に投稿された地面師事件での高橋と大山)
takahashitoshihisa20140704_632095_t
この高橋に横浜の金融屋を紹介したのが、日興コーディアル証券執行役員吉岡芳宏である。
この吉岡は榊原康寛も金融屋に紹介。広島の前田にも金融屋を紹介。
images (86)

当時は住友銀行上級職員であった。この吉岡は現在この事件を最高裁に上告中である。
この上告理由は構成要件事実がないということであるから極めて重要な裁判である。
どういう意味かというと、吉岡が構成要件事実がないということで無罪になるなら、
法律の改正必至だからだ。共謀罪でもあれば有罪間違いないが逮捕者は5名は増えるだろう。
現在榊原康寛の盟友山本幸三代議士、大臣の過去の国会質問の当否が問われている。
この日興コーディアル執行役員の刑事事件について、日建渥美和弘の破産法違反事件が
深く関係している。
その理由は渥美の刑事事件検事冒頭陳述でこの横浜の金融業者らとの確執が精細に
陳述されていたからだ。
この日建刑事渥美事件は吉岡等の刑事事件と深く事実が重なるのである。

吉岡芳宏、渥美和弘、横浜金融業者、榊原康寛、山本幸三、弁護士バッチ蓮見和也、飯田秀人
そして高橋利久という錦糸町地面師団頭目が実は同じ業界で仕事をしていたということなの
であります。
images (86)敬天2

そしてダウンロード (33) こいつが事件のもみ消し役です。

1 高橋利久がLED詐欺までする。

地面師として超有名である高橋利久ですが、TESという会社でJFE等から100億を超える
詐欺を行った。たしかに不似合いな事件であります。
電通ワークス事件の被害者として電通ワークスを仕立てた、刑事事件は東京地裁で
無罪になった。これも構成要件事実を埋めた捜査と起訴の重要部分がおかしいと裁判官が
気づいた。電通ワークスぐるみの経済行為を電通ワークスを除外して刑事事件にすると、
罪刑法定主義を全く無視することになるからです。
「〇×さん、どちらの味方をしたら得かはわかっていますよね。」
これは電通ワークスが事実上誰かを恐喝しているのだが、こういうことは問題にされず、
このまま時は過ぎて行く。
吉岡芳宏が無罪になるならそれも一つのこと。構成要件事実がなければ仕方ない。
だがそのことは問題をさらに拡大するでしょう。
さて、
高橋利久はこの事件後複数の地面師事件で逮捕されているようだ。
探せば数件すぐに出てくる地面師事件というのもある意味おかしな話である。

2 高橋等は成城学園でも地主成りすまし詐欺に荷担したとか。
要するに、八重森和男とか福岡の元司法書士以下笹井文男などなど、
業界人が多数逮捕されて、起訴されなかった者もいるが、単なる摘発ではなく、
しっかりと事件を掘り下げて地面師犯罪を捜査されたということである。
高橋利久はその一部に過ぎず詐欺犯罪の前面に出されるということは
業界的には弱い奴なのです。
その中心笹井文男は矢崎産業偽造タバコ、IHI手形偽造事件の過去がある。
結局地面師詐欺も電通ワークス事件もこの人達には日常茶飯事で何ら差はないのである。
こういう差異を強調することが理解できない。
バレる詐欺とバレない詐欺があるだけである。

3 成城学園地面師事件で逮捕された者と被害者の一部。
この人物群が北新宿地面師事件など最近の地面師犯罪報道事件で共通している。
まず、高橋利久は業界歴40年であろう。
業界が存在することは間違いなくそれは地面師犯罪の世界でもある。
たとえ逮捕されていなくても福岡勇次とか小野塚清がグリグリの犯罪者であることは間違いないと
指摘しておこう。(名誉毀損、記事削除要請を待っています。)
登記の魔術師と揶揄される小野塚清は、確かに単なる変わり者ではある。
それでも、この人物ほど長年にわたり、登記所裁判所執行裁判所で仕事を打ち続けた者は
いない。現在傷害事件で裁判中のようだ。訴訟は停止中らしい。
裁判所が無罪を出しても、有罪でも私にはどうでも良いことであるが、
この人は必ず登記に関わることで逮捕有罪にされないのであるなら、
刑事司法の敗北であろう。
この小野塚清を含めて、
新橋4丁目失踪事件に成城学園地面師グループと関係はないのであろうか。

4 新橋4丁目失踪事件は一連の地面師事件の一つのことに過ぎない。

失踪したとされるTさんと面識のある者が新橋にはたくさんいる。
その中に町内会長もおられるだろう。それは一般の人。
過去、地面師犯罪で名が出た人物群複数はTさんと面識があったはずである。
富士薬品関係者も真珠宮ビル事件関係者も存在する。
突然今年になって、新橋4丁目地上げが話題になり始めた。
何故であろうかと思っていたら、地権者が失踪したという。

この失踪事件と真珠宮ビル地権者失踪(誘拐監禁)と関係がないのか。
小野塚清傷害事件を考えれば考えるほど本質が隠されていると感じる。

地面師事件は殺人に発展することが多い。
殺人は素朴な犯罪事実で時効もない。
それが連続して最近でも三件起きていて同一人物が周辺にいれば
愛宕署に捜査本部も出来るでしょう。

防犯は摘発から。殺人事件を放置していると再犯になる。

新橋4丁目失踪事件が伊勢原駅前死体なき失踪事件になるか。

まあやり過ぎでありまして、そこまで何故するのか聴いてみたい。
ギャラリー
  • まさかの坂を昇るのは、、、、?
  • まさかの坂を昇るのは、、、、?
  • まさかの坂を昇るのは、、、、?
  • まさかの坂を昇るのは、、、、?
  • 新橋4丁目失踪事件と電通ワークス事件そして真珠宮ビル
  • 新橋4丁目失踪事件と電通ワークス事件そして真珠宮ビル
  • 新橋4丁目失踪事件と電通ワークス事件そして真珠宮ビル
  • 新橋4丁目失踪事件と電通ワークス事件そして真珠宮ビル
  • 新橋4丁目失踪事件と電通ワークス事件そして真珠宮ビル
カテゴリー