MS blog

私小説的体験ブログ。

桜井哲人摘発。

リー企業実質経営者桜井哲人逮捕。↓クリック。

違法カジノ店に部屋を貸していた不動産会社「リー企業」の経営者櫻井哲人容疑者ら2人を逮捕

ダウンロード (60)

産経報道全文引用
【バカラ賭博店と知りながら賃料370万円受け取る 容疑の不動産経営者ら逮捕

 警視庁 バカラ賭博店と知りながら店舗賃料を受け取ったとして、警視庁保安課は組織犯罪処罰法(犯罪収益収受)違反容疑で、東京都新宿区歌舞伎町の不動産管理業「リー企業」経営、桜井哲人(あきひと)容疑者(38)=新宿区箪笥町=ら2人を逮捕。法人としての同社を書類送検した。同課によると、2人とも容疑を認めている。
 逮捕容疑は同社ビル内のバカラ賭博店「アトム」から、昨年の6カ月分の賃料計約370万円を受け取ったとしている。
 同社は歌舞伎町に8棟のビルを管理。これらのビルと賃貸契約した賭博店が過去にも複数回摘発されており、警視庁が同社に対し、契約前に賭博店の疑いがないか確認するよう警告していた。
 アトムの経営者は昨年11月、ロボットのディーラーを使ってバカラ賭博をさせたとして、常習賭博容疑で同課に逮捕されている。】
 
祭主哲也、櫻成商事

真珠宮、祭主、櫻井成

真珠宮、祭主、櫻井成2
天野組、櫻井成、飛鳥会。テマセク。
CCF20160527_00000
CCF20160527_00001
ダウンロード (61)t02200165_0800060013518555721



祭主哲也、トラスト管財。

錦糸町裏カジノ、ジャンボ尾崎陸奥バトミントン : MS blog



コメントをいただきました。(ご教授感謝)

ナスカジャパンさんのホームページを紹介していただいた。
ナスカジャパンがこういうIRをされているとは気づかなかった。
真珠宮ビル仲介で弘道会とともに逮捕されナスカの営業活動は逼塞状態になりました。

1 「反社」というレッテルに精一杯の対応をしたナスカ。
 http://www.nazcajapan.com/result.html 
真珠宮ビルをボースンの坂上社長と仲介を試みたナスカです。
警視庁赤坂本部のO班に逮捕され即釈放になり反社とされたナスカです。
同時期に千葉県警公安部OBの五十畑が物件を売り歩いていて、
海苔屋のコバちゃんが相談受けていたゴミ屋さんの事務所に来て、O警部と話をつけてくれとか、
(株)真珠宮の片桐社長がゴミ屋で働かせてくれと頼み込んできたり不思議なことが起きていました。
RIMG0161
直近のゴミ置き場ですが、ゴミ置き場ではなく但の私有地です。
ゴミ置き場という法的位置づけは東京都が産廃積替場所の前提である
産廃業者免許取り消しをしたから、単なる私有地です。
この産業廃棄物はランアップという八王子台町のあんちゃんがマニフェストなしに放置しているものです。多摩環境事務所田中係長の指導が望まれます。
ナスカさんは地上屋でその力量は過去に纏めた物件一覧で充分に理解できます。
ここで、私の地上げ経済行為に対する基本的立場は貴重な不動産を時代に合わせて
活用できるようにする重要な仕事と思っています。
権利調整は必要であって、暴力団が前面に出ていた時代もあった。
ナスカの六本木三丁目地上げは失敗したが、裏切り者の竿氏を使った元地主側は
みっともない話です。
ナスカの経済行為はすれすれなんであります。
能力のない私はその胆力を評価していました。
同時に事業の成否は運否天賦でありまして、わたしには考えられないビジネス世界です。
開発案件
港区元麻布高級戸建
旧竹田宮の居宅を、外資系弁護士のエンドユーザーに売却。
事業主体アランキッチン国際法律事務所
面積(土地・建物)土地 330m2
目的価格3億円
皇族竹田氏との関わりは不動産取引でもあったようです。

ジョイント、イデあるプロパティなどいわゆる香ばしい経済主体との関係。
まあ某園氏との関係性が物語ることもある。

それでも南青山三丁目を仕上げて仕事のつじつまを合わせようとしていた。
横やりが多数入って気の毒でもあった。

2 一つの時代の終わり。
ナスカを論ずることは伊勢原を論ずること。
それは伊勢原死体なき殺人事件に限らない。
ナスカは関係ないが、類似は関係している。
ゴミの不法投棄もある。死体もその一つに過ぎない。
伊勢原死体なき殺人地上げ事件について論じましたが
二番煎じの情報をいじっているだけで、オリジナル部分は
関連事実の再構成だけです。
舛添知事が叩かれている。
これは舛添えのオリンピック利権食いが
20081110_403409

このお城と同じだからです。
温故知新
よい案内ブログがあります。

楠橋城 (福岡県北九州市) - 新日本DEEP案内

経済行為犯罪の裏には構造的欠陥が。

さわやかな笑顔で検察に送致される前本憲生(神戸)山口組侠友会前本組組長であります。
報道から推察すると、4月14日頃から検察官拘留になったと思う。
そうすると起訴は5月5日頃でしょうか。
mさん
 
この事件のテレビ朝日報道はもう見ることは出来ない。
アーカイブもされていないのでは。
http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_international/articles/000072508.html

記事が見つかりませんでした。
既に削除された可能性があります。

上記「ようつべ」で1分12秒頃から被害者のコメントが放送されていて、前本組組長の恐喝言辞も録音されている。被害者が録音していたのでしょう。録音を周到に用意する被害者であります。
侠友会組長に脅されるかもとわかっていて、録音機を用意していた被害者であるとする。
それなら、組長に会わねばいい。よばれても行くことはない。
録音機を用意して組長に会いに行く、もしくは某事務所に行く必要があったのでしょう。
さて怖かったという被害者でありますが、鎌田和彦に行動原理は似ています。
警察の利用のタイミングが似ているわけですね。
鎌田和彦というのは
main_picture1219 (1)

この人ですが、順不同ですが、敬天取材に最初に赤坂署にいったらしい。
その前後に敬天新聞に暴力団を差し向けたらしい。
そういうことで、出資金詐欺グループとの関係を敬天新聞に報道されると
警察筋O弁護士に依頼して内容証明を送ってきたらしい。さらに敬天が報道するので
現在名誉毀損民事事件を敬天に仕掛けた。
グリグリ犯罪グループと経済行為トラブルを抱えていた。最終的に刑事警察に駆け込みそして
刑事警察御用達弁護士が鎌田のフロントに立つ。
本日の敬天ブログが似非同和(和合秀典)の暴力団利用と警察利用を書いている。
似非同和にしろ在日デート商法、ドンキな安田にしろ実態は同じなんですな。
真珠宮ビルが33億で処理できれば次の受け皿があると、
双愛会地元の千葉と横浜で持ち歩く輩がいる。
鹿島建設が買ってあげればいいのに。鴻池建設から。

こういう輩の脅されたとか名誉毀損だというお話の前にこういう輩の生きる経済社会を知る必要がある。

1 タクシー会社売買はヤクザの仕事。
まずわからないときにぐぐる先生に聞いてみます。
タクシー会社 売買でググると以下のがでてくる。

  1. タクシー事業者の売却なら - integroup.jp‎

    広告www.integroup.jp/03-6206-6980
    完全成功報酬制でタクシー業のM&Aを支援 タクシー業譲渡の実績豊富で高成功率
  2. 低手数料で会社売却 - chusho-ma-support.com‎

    広告www.chusho-ma-support.com/
    会社売却を基本合意まで無料で仲介。 売却益をしっかり確保でき、実績豊富
  3. タクシー事業のM&A/無料相談 - y-bc.co.jp‎

    広告www.y-bc.co.jp/
    専門家がタクシー事業のM&Aを徹底支援 タクシー事業の売買、実績豊富
    案件実績の一部を紹介中 ・ M&AコンサルならYBCへ ・ 承継サービスも徹底対応
2011/11/14 - 札幌交通圏のタクシー会社は、規制緩和で増えすぎたタクシー台数を減車する取り組みを昨年から行っている。業界内では光星ハイヤー91台の自然減を期待していたものの、営業権の売買は法的に認められており減車の取り組みも法的な ...

破綻したタクシー会社は売買の対象なのであります。
会社の資産負債勘定すなわち貸借対照表で負債額が大きくて自己資本が
足りない会社があったとする。
こういうのは破綻した会社で倒産です。
資金が回らないから営業が出来ない。

タクシー会社は負債額が40億円。管理タクシー台数100台という会社でも
タクシー操業は自転車(二輪車操業)操業より車は四輪だから倒れない。
冗談でなくマジ。

まずタクシーは営業車が一月一五〇万売り上げる。半分強(微妙)が運転手に回る。
半分が会社の取り分。燃料代車償却費一般管理費などなど一月七五万はかからない。
収入は毎日現金。ですから債権者も差し押さえは難しい。
燃料代など経費は現金で払えるし、日銭が入るからタクシーが走り回ると会社の操業は
とまらない。
でありますからタクシー会社は売り上げの除外は簡単で脱税の常習犯なのです。
10億単位の脱税三回やったタクシー会社を知っています。
こういうのはやめません。
タクシーの運転手とつるんで一日2千円ごまかして150台*2000円=三〇万円/1日
売り上げ除外したりする。
言ってしまえば会社ぐるみの煙突営業。
ある一台は常にメーターは回っていても闇営業かもしれない。
年一億くらいです。三〇年に三回脱税でやられても潰れないですね。
脱税所得はその都度10億以上。足立の会社です。
まだやっているでしょう。やめられないのです、おいしくて。
かっぱえびせんです。

タクシー会社すべてではないが、100台程度の小さい会社は
オーナーが借金まみれでも営業は続けている。
そういう会社の株式の価値はゼロです。理由は債務超過だから。
でも営業免許はあるからタクシーは走る。労働問題があるから、営業免許はなくならない。
こういう会社の株式価値はゼロ以下でも、営業免許付きタクシー会社は現金を毎日生むので、
売り上げのたつ、水商売スナックと同じで、
ヤクザ業界では取引対象になる。
M&Aとかかっこいいこといいますが、言葉使っている本人は英語なんて読んだことはない。
なぜヤクザ業界の仕事なんでしょう。
債務超過の多重債務オーナーのタクシー会社に億の価値を見いだせるのは
ヤクザ的経営者です。
そういう基本的に合理的経済社会のルールから外れた、経済社会はある意味麻薬取引経済社会に近くなる。
裏社会トラブルを、裁判所に持ち込むこと出来るでしょうか。
それは裏社会のルールで解決される。わたしは詳細は知らない。
裏社会経済から手数料など手に入れたこともないし、希に登記の現場でその境目を見ることがあるだけだから。最近も神奈川で福岡勇次さん見つけました。
この事件は
練馬のタクシー会社売買で15000万受け取った人がいて、
2億恐喝されたという。15000万返してさらに二億請求されたという意味なんですよね。
そうであるならひどい話だ。
そもそも何故受け取ったのでしょう。
受け取った側にもヤクザはいなかったんでしょうか。錦糸町方面の。
神戸と錦糸町の中間で話し合えばよかった。
最近名古屋は使いにくいのでしょうか。

2 前本組長はみんな捲れる、と予言。
前本組長はプロですから、録音されていると知っていて、発言しているでしょう。
はっきり言って練馬のタクシー会社とやらに株式価値などないはずです。
いま九州や地方のタクシ-資本が東京のタクシー会社を買いあさっています。
理由は、売り上げがやはりたつからです。
地方は一日2万円売るのが大変でしょう。
東京は五万くらいでしょう。
この被害者は報道をみると、一億五千万受け取っている。
15000万円返していないですね。
すると前本組長2億円恐喝未遂はなりたたない。
5000万なら成り立ち得るけど、被害者が5000万以上損害与えていたら逆ざやですよ。

3 被害者と加害者の対立構造はいつからか。
さいしょは一緒にやっていて途中で15000万消える関係になった、
こういうことかもしれない。
とにかく15000は返さない。警察力使っても。
かもしれない。
タクシー会社株売買は通常の株取引ではないから、
二重三重売買が日常なんです。
不動産屋でこれに手を出す人が多いです。

詐欺師のサーカスだから、おもしろく見ていないと。

4 逮捕者の一人は5月2日にでたとか。 
残る二人はどうなったか。起訴されている可能性も。
何でもありの業界ですから。
マスコミさんの事後報道が重要です。
前本組長以下不起訴なら人権侵害ですよ。
恐喝呼ばわり続けていると。いくらテレビでも。
しかし、それは組長等の問題でもある。本人達が認めたらそれも一つのこと。
そういう世界だから。プロは損得それで動くと言うこともありえるので実態はわからん。
まあヤクザに人権を認めないからいいのでしょうか。
 
4 タクシー会社の規制は必要。そして行き詰まったタクシー会社清算の道筋もつけるべき
矛盾あるところにヤクザさんの仕事がある。
紳士の讀賣巨人軍を見よ。 矛盾ですよね。新聞屋と紳士なんて。
ギャラリー
  • トランプ大統領、韓国に経費請求。
  • トランプ大統領、韓国に経費請求。
  • トランプ大統領、韓国に経費請求。
  • トランプ大統領、韓国に経費請求。
  • トランプ大統領、韓国に経費請求。
  • トランプ大統領、韓国に経費請求。
  • トランプ大統領、韓国に経費請求。
  • トランプ大統領、韓国に経費請求。
  • 金の切れ目が縁の切れ目。