MS blog

私小説的体験ブログ。

組織暴力団と銀行の距離(山岡俊介氏vs佐藤昇氏抗争を通じて)その3

組織暴力団と銀行の距離(山岡俊介氏vs佐藤昇氏抗争を通じて)その1乃至3について。

これまでの経緯について
山岡俊介氏vs佐藤昇氏の名誉毀損騒動というのがある。
同様に敬天新聞「反社」議論というのがある。
双方のトラブル事実に注目するのは、「敬天」が訴えられていて、訴えたのがデート商法業者であり、その訴訟代理人が蓮見和也と言うことだからだ。(敬天第1事件とする)
蓮見和也については私の知人の弁護士の関わる民事訴訟で重要な要素となっているからだ。
(もちろん、その訴訟の最初の段階で調査も行った。それは一方当事者の立場に立ってである。)
さて、敬天は最近また訴えられていて、名誉毀損行為を行ったという。(敬天第2事件とする。)
(そういう主張を原告がしていて、被告が敬天と言うことです。)
その第2名誉毀損事件の原告側起案は敬天「反社」論が主要なものであり、その余の名誉毀損損害賠償要件事実の主張が弱いようである。
ここで、「敬天反社」であると仮定しよう。その余の事実を論ずるまでもなく、「反社」の言論は名誉毀損だというのなら、敬天には言論の自由はない。そうであるなら敬天に裁判を受ける権利を認めないのと同じである。
敬天被告は蓮見松尾原告訴訟で敗訴したが、その後松尾は脱税で懲役刑を受けている。
この訴訟の開始時に実業家松尾は判決後犯罪者となった。
これは元々犯罪者であった仮面が捲られたに過ぎない。
すると敬天反社を被告とする原告も反社であるのだから、裁判所が敬天に言論の自由を認めず、
裁判を受ける権利もないと考えるのなら、この松尾原告敬天被告の訴訟を行うべきではなく、
勝負は殴り合いでも何でも勝手にやらせればいいのである。
さて弁護士バッチ蓮見までもが実は事務所をヤクザの利益配分場所として使わせていたら、
弁護士倫理に反するから弁護士をやらせるべきではない。
反社敬天被告はその事実を立証すべく努力している。努力は報われるだろう。
事実があるからだ。
さて、敬天名誉毀損裁判は平成10年頃の最高裁名誉毀損訴訟判例群が先例になるが、
あらたにネット報道と名誉毀損という論点を提供している。
であるから言論の自由という憲法原理からいって重要な社会問題であり、論ずる価値がある。

1 敬天第1、2事件と山岡俊介報道と佐藤昇報道の関係性
山岡俊介は敬天「反社」指摘の最右翼と言える。(最左翼かもしれない。山岡だからね、、)
山岡自宅マンション(三﨑某借り上げマンション?)放火犯とまで言い放っている。
いやはや現住建造物放火犯指摘であるから事実であっても名誉毀損でしょう。
事実であったら、警察は捕まえないといけない。
一方、佐藤昇報道は敬天新聞みずほ銀行報道と深く関連する。
奇しくも両報道は敬天と関わりある。
同時に私の調査業務とも深く関係する。
そこで、MSblogで取り上げねばならない理由があることになる。

2 敬天新聞利用の恐喝的行為。
最近はやっていないようであるが敬天新聞がいわゆる「街宣」を行っていたようだ。
あるとき、東京医科大学内紛を巡り敬天新聞が利用されていたという事件が起きた。
(敬天新聞は東京医大街宣は行っていない。行った者に取材確認したから間違いない。)
大成建設執行役員が東京医大病院箱物受注を狙い反対派の副学長を騙そうとしたという事件である。
検察官は副学長の録音音声が良く聞こえないと言うことでこの事件は不起訴になったが、
珍しく敬天外一名が普通の参考人で聴取されたという事件ではありました。
音声録音と聴力という現代的事象があり、東京医大耳鼻咽喉科で治療および研究すればいいのにと思った次第。
さて、後日敬天新聞に「街宣」させたのは俺だよ俺という、オレオレおじさんが発見されて、
敬天新聞さえ利用して金にする○○師がいるとわかった次第。
★参考

【富士宮のオッサンがね、「値段は持ち主が決めるもので40億と誰が決めたの。」こういうのよ。「相模鉄道が40億円で買うというなら40億円を弁護士に預託すればいいのよ。」「預託された弁護士がその40億円が真珠宮ビル購入原資と自分に言って来たら、本間さんが交渉すればいいのよ」】

敬天新聞に書かせると某銀行調査役に告知する者がいてもおかしくない。

3 大津洋三郎が敬天新聞の名を騙って5000万とも一億ともみずほ銀行調査役から金を取ったと言うことをインフォームする人がいる。 
それはNであり、Tであり、Sであるようです。
そういうことで、敬天報道が揺らいだり、疑惑を受けたりすると、ネット報道の信頼性が揺らぎ、
ひいては憲法が保障し目指す民主主義の実現に支障を来すことになる。
ですからこのことの解明をしようとすることは大事なのです。

4 山岡俊介が暴力団組長から金を得て「書き屋」を行ったかどうかは事実の問題であります。
同時に佐藤昇が及川幹雄を脅したかも事実の問題であります。

山岡報道が正義かどうかこれは規範的なこと。山岡氏が「書き屋」かどうかは事実問題。
どういう報道も「プレス」であるから書かれる方は嫌なのであります。
それを上回る公益性があるかが重要です。
同時に「敬天新聞」も業であり、生存生活権があるから収益は目指す。
おかしくないですね。
アクセスジャーナルも金を取っておかしくない。
そのこと自体でなく、どこが反社で違法かと具体的事実で立証しないで悪いのなんのと言う
実業家や民暴弁護士がいますが、足下と鏡を見ないと一般的にはあぶない。
佐藤昇が及川を脅したかどうか。事実と態様と共犯者あるなしは如何。
そして真珠宮ビル取得資金20億融資要請は事実か否か。これ大問題ですよ。

5 事実指摘はかまわないが公共的にはどういう文脈で事実が指摘されているかが問題となる。
社会的意味で山岡氏の金銭受領の何処が問題か。同時に佐藤昇氏と及川幹雄氏の関係性の何処が問題か。
わたくしは、山岡氏の金銭授受はあったと思うがそのこと自体は大きいこととは思わない。
ただ、どうやら押尾学事件という大事件に関係しているのではと思うので、
そのことの関係性の中でで争いが報道されることは期待しています。
佐藤昇氏と及川幹雄氏の間で金銭授受があったようですが、私的にはメガバンクの社会的意味から入って、ヤクザに対する利益供与という観点中心にこの及川佐藤の関係性が論じられるといいと思う。
続く、、、 

地面師業界とヤクザ屋さん。

真珠宮ビル事件第一期とか麻布箪笥町の地面師事件で逮捕されたSは健竜会組員でした。
不動産ブローカーが健竜会看板を持っていた。
ヤクザ屋さん本業でない。それでもこういう仕事には看板が必要だったらしい。
この人が関連した埼玉事件の登記には、元I会組長とか常に同じパターンで同一業者が登記に出てきた。
30年前はそういう時代の始まりだったでしょうか。
遠藤ウメさん事件で売り上げが3億弱。
田園調布豪邸天ぷら婆さん事件で5億弱の売り上げ。
ヤクザ屋さんが仕事の収益を取りに来るに決まっています。
内田マイクが新聞に出たのはマラソンのオリンピックメダリストが被害者の事件でした。
いまから思えばのどかな地面師でしたね。
ところがあれよあれよと地面師業界が組織化されて暴力団系列になっていった。
もともと松葉会、極東会系の仕事だったが、やはり山口組は人材が豊富でした。
後藤組関連は仕事が計画的でありました。
政治との連携もうまくて公共工事の計画を先回りして土地を取得したり事業家でした。
某宗教団体の施設の地上げを請け負う感じで(宗教団体はG組に頼むわけない、結果的にG組が
でてくる、ここらあたりは超微妙なのであります)、最終的に道路を押さえて、G組が真正面に出てくる。業界的に重石を置くということですね。
こういうことをなさるので怨嗟のまとになる。
バブルの最中でしたから儲けたでしょう。そうして真珠宮ビルが山口組ビルになって刑事権力に狙われてくる。
そうすると、誰かがババつかみをしないと収まらない。
そういう時に「浮き上がらされた」のがGさんだったと思う。
業界は目立ってはいけないのであります。
政治的寝技を使えるものがいたということでしょう。
聖蹟桜ヶ丘で東栄住宅が出した資金は最終的に60億円を超えたでしょう。
東栄住宅S社長は会社に負担を掛けなかった。そこが立派です。
聖蹟桜ヶ丘事件で出てきた人で梅田のI社長は殺されたが、T弁護士はじめO商事、M建設とか
人材を輩出して、川崎東田町では全員集合状態になりました。
これが地面師業界でありまして、天才系、魔術系、四国系、大橋門下とか歴史がある。
許永中関係はそういう地面師仕事師関係で驚くべき大きい仕事をしたわけです。
イトマン事件です。イトマンという会社から流出した最低4000億円は何処に行ったのでしょう。
ゼファー、ゼクス、近藤産業、、、住宅信販、麹町建物、、、、
昭和バブルは終わっていないのであります。
目黒雅叙園、ホテル三條苑(プリンセスガーデン)、、トライチ、TSK,真珠宮などなど
殺人事件が当たり前に起きているのがヤクザ地上げです。
地面師業界がヤクザに染まりきると必ず殺人が起きます。
伊勢原駅前事件など当たり前におこなわれているのです。
暴対法ができればその裏道を関東連合が埋めるわけです。
簡単に殺人を行っているとか。暴対法は成功したのでしょうか。
G組など解散はしていません。潜在化しただけです。 

てなわけで、新橋4丁目で失踪者が出たようです。同じことをやっているが表に出る名前は違う。
いまどき始めているのがいることに驚くばかりであります。

地面師業界構造論

業界用語というものは、経済行為の実態がありそれを言語化したものである、と言ってみる。
不動産詐欺業界で、「繭物物件」とは所有者のいない物件。地権者を殺して、成りすましが不動産地権者として不動産を売り払う場合。
遠藤ウメさん物件はその一種でしょう。この変化系に地権者の婆さんが海外旅行に長期行っていて
その隙を狙って田園調布の豪邸を五反田のプロの不動産屋に売り払う手口もある。
天ぷら婆さん手口ですが、物件としては繭です。
持ち出し物件とは家族の一部が父親の権利書を持ち出して家を売り払い、あとから民事訴訟で
父親がその家を取り戻すという事例です。
これは隠れた共謀があって、訴訟利用の詐欺でして結構ある。八王子方面で頻発した時期が合った。
相続物件の場合もこういう問題が起きます。いわゆる「相続と登記」ですな。
かならずしも違法ではないが、共有物分割競売まで視野に入れて仕事をうつヤクザも入る。
ここらへんから高度な地面師業界がはじまるわけです。
最近の地面師業界はローンダリングが重要であります。
遠藤ウメさん事件とか、保証書利用の不動産詐欺事件では、露見するし露見したときに実行者等が捕まる。
そこで露見することを前提に仕組みを組むようになる。
そういう実態を報道されているブログが以下の物。(クリック)

地面師の犯罪 背後の金主と反社の摘発を – 鎌倉九郎

このブログにあるように、地面師業界は分業化され資金調達から売却まで詐欺犯罪が細分化されてきている。
「遠藤ウメ事件」では不動産ブローカー夫婦と不動産屋が、殺人、売却、仲間割れ殺人までやってしまったから、死体が出たらすぐに犯人がわかる。
(捜査は無知な見込み捜査であったが、捜査に真摯な熱意あったからいいとしましょう。学習の能力もあった。)
そこで、地面師も学んで地面師犯罪を分割すれば立件しにくいだろうとなる。
新橋烏森ビルには、書類偽造工場、仕事資金調達業者、仕事師、弁護士、行政書士(書類も偽造する)がすべて存在して、地面師犯罪業界を洗練化させてゆくわけです。
高橋利久は電通ワークス事件で無罪となったが、別の事件で有罪となっているようでして、
とにかく内田某、福田某、仲田某(以上週刊0510報道)らとともに多忙なようです。
某の住居を調べてみると、あまりいい生活はしていない。派手ではあるようですが。
某さんは30年近く、これだけ多額不動産詐欺事件を繰り返して、短期服役をしているのに何故と考えて周りに聴いてみるとヤクザ業界に利益を運んでいる、また運ばざるを得ない実態が容易にわかる。
上一色村国土法違反事件で逮捕された司法書士(G組フロント)が行政書士となって、郵政物件詐欺関係者や魔術師天才と一緒に仕事をしている。
こういう業界実態一部を鎌倉ブログが報道しているわけです。
鎌倉ブログで公尽会がなぜ銀座中央ビルに入居するのだという疑問を持つのは、こういう業界実態を知るものからすると、当然のことでありまして、横浜地裁、千葉地裁、東京地裁と、またお前かという訴訟当事者で満ちあふれているわけです。
一月に15回訴訟期日を抱える人がいるのかです。
(いるわけです。一人の弁護士で15件出来るのかですが、パターンが同じだから起案も訴状も楽かもしれない。書記官はそれが誰かを知っている。某さん専門部を作ればいいと思います。効率的です。)

1 出資金詐欺師が収益金をローンダリングして不動産業とラーメン屋とキャバクラに投資。
こういうのはヤクザ業界の仕事の一部になっている。

2 新橋地区地上げは業界多重構造となっている。
野村不動産やNTT都市開発が地面師を使っているのではない。
中間的にABC不動産とか菱和ライフクリエイトが新橋三丁目木利屋ビルを地上げしたりする。
ぶっちゃけヤクザだから抗争事件をおこして塩漬けになる。
こういうことなんですね。
木利屋ビルの真ん前を永和実業が所有する。地上屋さんの本業ですからありえる。
新橋第一期再開発も最終段階に近づいてきた。
NTT都市開発などがまとめて、三菱地所とかが出てきて都市銀行の長期資金が開発物件について
地上げというのは完成します。箱物を作るゼネコンが長期にわたり陰でだれでも応援する。
極論すると、
地場業者(地面師含む)→都市型再開発とかきれい事を言うジャスダック上場企業とか、→
NTT総合開発→大手ゼネコン経由某一流不動産会社。
やっていることは同じでも、一流不動産会社に管理任せないと、結局大阪難波の風俗街になってしまい、吉本芸人が大物面して歩き回るからダメなのです。
大阪文化は難波でこそ価値がある。(チャ~シバキヘンケ~と顎が言う。)。。。。

3 元田上田と仲田某とくる、するとやばいという経験則。
こういう業界を観察する人の色の付いていない客観的データを重要視すべきです。
データ収集と評価する者は別であった方がいいかもです。
横浜の金主が高橋利久に広島Mに榊原に金を踏み倒されている。
いやどういう仕事に金を投げたかが重要です。
広島Mが東京で仕事をうっているのかです。
高橋利久に金を貸して回収できるわけがない。元から無理です。ではなぜ金を投げたかです。
こういう視点が大事とおもう。

4 新橋4丁目役割分担
CKエージェント、三立とでてくる。三立が大阪という田舎の金融屋から金を引く。
ここで経費を一度清算。
あとはNTT都市開発にわたす登記ローンダリング。
こういう構造でしょう。そう筋読みする。
ギャラリー
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • 鉄鋼摩擦と韓国。そして韓国の大統領。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。