MS blog

私小説的体験ブログ。

(その2)聖跡桜ヶ丘事件後の抗争事件。

聖跡桜ヶ丘事件後に中野会会長銃撃事件と続く。

梅田駅前で日本不動産地所社長生島久次氏銃殺事件があった。
1996年の事件です。

日本不動産地所株式会社法人登記.pdf


日本不動産地所破産事件


平成21年(フ)第830号 
官報「2012-09-06」日発行
官報掲載場所「本紙(5880号)」の「25ページ」目
債務者・破産者「日本不動産地所株式会社」
住所「大阪府大阪市北区*****」
※公布後ニヶ月経過につき住所の表記を制限しています。詳しく知りたい方は官報をご覧ください。
破産情報
決定年月日 平成24年8月28日
主文 本件破産手続を終結する。
理由の要旨 配当が終了し、破産管財人の任務終了による計算の報告を目的とした債権者集会は終結した。
大阪地方裁判所第6民事部

宅見氏銃殺実行犯逮捕



 財津晴敏(2013年逮捕)


「中野会から、逃走資金として月100万円から300万円を受け取っていた。糖尿病の持病があるAが病院へ薬をもらいにいったところ、捕まりそうになった。それ以来、外出は極力控えました。相模原市のマンションに潜伏していたとき、Aの糖尿病が悪化した。食事がとれず、足が壊死(えし)してきた。毎日、栄養ドリンクを与え、足の包帯を取り換えましたが、06年の6月に死亡しました」
E9B3A5E5B18BE58E9F-thumbnail2 2006年A氏発見

2006年には日本不動産地所社長生島久次氏の護衛だったF氏が秋田で逮捕されています。

1 聖蹟桜ヶ丘地上げ事件のスポンサーがいる。
事件地上げで名前が出てくる人は大金を得ているわけですが、
なんども事件を繰り返していて、金があるのによく働くなと感じるわけです。
聖蹟桜ヶ丘事件で、M建設サザン企画側は証券関係の金主。
たいしてH氏側のスポンサーが日本不動産地所生島久次氏です。
(http://gendai.ismedia.jp/articles/-/40437?page=5 現代ビジネス記事

生島氏は菅谷組舎弟であったことがあり、
日本不動産地所社長として大成功をされていた方です。
その人が、聖蹟桜ヶ丘事件で一敗地にまみれた。
そのとうじ300億円の負債があったと言われていました。
負債ありとも資産もあるわけでして、事業家にとってどうということもないのですが、
聖蹟桜ヶ丘事件の勝敗は確かに背後のヤクザの存在が大きかった。
(カーロファクトリーはK会)
日本不動産地所という会社は飛鳥会や天野組とのつきあいで関西では超有名会社。
そういう部分で東京では知られていなかったかもしれない。
「光誉実業」「岸不動産」みたいなものです。
生島氏はこの地上げ事件などで自分の不動産業のためにも現役復帰を図ったとされます。
その行き先に中野会が取りざたされていた。

最近露骨にヤクザが出資金詐欺を行っている。
地上げ事件もヤクザそのものが起こしているではないのと言うのが見えてきた。
ヤクザが背後でなく、ヤクザが犯罪集団と成りマフィアとなっている。

そういう時代の境目があったとすれば、スルガコーポレーション事件でしょう。

スルガコーポレーション社長と高校同級生K氏と弘道会T氏。
そして、滋賀の淡路興業が弘道会に参加することになったのも背後に昭和バブルの
地上げ負債があったということです。
その物件はスルガコーポレーションという箱企業所有になっていた。

時系列

1996年7月 京都にて中野太郎氏襲撃される。会津小鉄会系の襲撃とされている
        (襲撃部隊に他団体もいたともいわれている。)
1996年   中野会襲撃事件後梅田駅前で生島氏銃殺される。
      襲撃した太田興業組員も二名生島氏護衛F氏反撃で射殺される。射殺犯Fは逃亡。

          ☆ 1997年会津小鉄会高山登久太郎氏引退。

1997年8月28日 夕方 神戸オリエンタルホテルで宅見勝氏銃殺される。実行犯は中野会組員。
         (同日午前中に宅見組が中野会を襲撃したという未確認情報あり。)
1997年暮れ 山健組組長K氏飯倉交差点にて拳銃不法所持の共謀共同正犯で逮捕される。

2006年 宅見氏銃殺事件実行犯グループ鳥屋原氏発見。F氏も秋田県で逮捕される。
2012年 日本不動産地所破算
2013年 実行犯財津晴敏氏逮捕

逃亡資金が必要です。
宅見氏銃殺犯は長期逃亡をしていました。一人は病気で動けない。
それでも逃亡を助ける資金があった。

2012年日本不動産地所が破産しましたが、経営が苦しくなった頃が2006年頃とします。
生島氏護衛F氏の逃亡資金も経費として大きい部分を占めているとする。
2013年日本不動産地所破産後に財津氏が発見され逮捕されましたが、逃走資金に窮していたようです。

抗争の前に経済闘争がある

日本不動産地所側の兵頭隆氏ととミナミ建設南勇二社長が聖蹟桜ヶ丘地上げで真正面からぶつかった。
兵頭隆氏側の弁護士が弁護士になりたての田邊勝巳弁護士でありました。

中野会後藤組が山口組東上作戦の尖兵として東京に乗り込んできたことは周知の事実。

聖蹟桜ヶ丘地上げで勝利したミナミ建設側は東栄住宅という受け皿を用意できた。
その東栄住宅と深い関係であったのがカーロファクトリーの遠藤氏である。
(のちに南平台地上げ脱税で逮捕、南平台は西松建設住友不動産で開発。小沢案件であった。
遠藤氏は極東組フロントとして知られる。)

やはり日本不動産地所とはなにかを考察せねばならない

太田興業 生島久次氏 大村幹雄氏  天野組 こういう関係性です。

さて堀政連合という山口組傘下団体がある。
この組織はヤクザ団体となる前に不動産屋を開業していたということです。
会津小鉄会T氏が不動産屋代表を認めて盃を呑んだという。
そういう事実があれば事件の見方も変わってくる。
堀政連合は不動産業者と言うことです。看板は後から付いてきた。
二足のわらじではない。二枚看板です。

人間関係というものを考察して事件がわかることがあるのではないか。
最近の不動産地上げ業界はヤクザとの距離感さえ失ってきた。
関東連合不動産部門とも言うべきものが実業家を気取っている。
マスコミとコラボして展覧会をする。時代であります。


(その3)に続く

(その1)臨時株主総会から抗争事件になる。

臨時株主総会は定時株主総会でない総会です。
それでは、定時株主総会と臨時株主総会の違いは何か。
同じです。
定時株主総会は会社決算と関係あり、決算承認という議題があるだけ。
その会社決算時期は定款で決めているから、一定時期に必ず来る。
そういうときに役員改選時期が重なるわけです。
東芝ほどの企業でも決算を隠蔽する。況んやそこらの小企業ならなおさら。

1 臨時株主総会と役員変更事件の類型その1
京都佐川急便の役員が全員交代となった事件があった。

【しんぶん赤旗より。】
日本共産党2003年1月7日(火)「しんぶん赤旗」

勝手に佐川急便役員解任

自民府議団長が虚偽登記

京都


 運送大手「佐川急便」(本社京都市)の法人登記簿が勝手に変更され、真鍋邦夫社長ら役員全員が解任された形になっていたことが、六日までに分かりました。自民党京都府議団長の森田喜兵衛府議(78)が自らを代表取締役に、知人五人を取締役として登記していたことを認めています。佐川急便側は虚偽登記だとして、容疑者不詳のまま京都府警九条署に告訴しました。

 森田府議によると、昨年十二月二十日、自らが経営する京都市南区の運送会社事務所で佐川急便の「臨時株主総会」を開催。同社の全役員、監査役の解任と、同府議らの取締役就任を議決したとする議事録を作成した上で、同二十五日、京都地方法務局に役員変更を登記したほか、会社登録印も変更していました。

 同府議は「同社の設立当初から資金などを援助した。面倒は自分に見させて、何も報酬を払っていない」と話しています。

 これについて、佐川急便側は六日付の新聞広告で、京都地裁が昨年十二月三十一日、森田府議ら六人が役員の地位になく、真鍋社長らが役員であることなどを内容とする仮処分を決定したことを明らかにしました。


赤旗が報道した理由に、公正証書原本不実記載は自民党府議によって行われたことがあるでしょう。

自民党府議の言い分は以下の通り、

 同府議は「同社の設立当初から資金などを援助した。面倒は自分に見させて、何も報酬を払っていない」と話しています。

そして佐川の対応は以下の通り。 

 これについて、佐川急便側は六日付の新聞広告で、京都地裁が昨年十二月三十一日、森田府議ら六人が役員の地位になく、真鍋社長らが役員であることなどを内容とする仮処分を決定したことを明らかにしました。 

京都府警が事件化したと思うが、その経過は不明。
京都佐川急便の役員を勝手に入れ替えた、京都府議は覚悟の上でしょう。
なんといっても京都佐川急便だから、何でもあり得る。

この事件は内紛に外部勢力が入った感じではないかと。
東京佐川急便事件とか当時の経営陣はやることが大胆だった。

佐川急便は今でも自動車任意保険は三井住友を窓口にして特別料金で掛けているはず。
金丸信のおかげで無保険の事態を免れた。
無保険運送業者は免許を取られる。
佐川は事故が多すぎて、自社保険も認められず、通常の保険会社も保険契約を拒否した。
いろいろ面倒を見て貰う会社なんです。皇民党とか。

2 聖蹟桜ヶ丘事件の時。類型その2。
京王電鉄本社所在地聖蹟桜ヶ丘駅前の土地4000坪強の物件、聖蹟桜ヶ丘。
これを、
自己競売自己競落で対抗相手を処理した、M側はスポンサー(多分)と祝いのゴルフをしていた。
ところが、祝いの席のゴルフ場に急報が。
なんとM支配の競売申し立て会社の役員がMに無断で変更されて、競売申し立てを取り下げてしまったという。会社は「サザン企画」といったでしょうか。この会社の役員を勝手に変更。
会社代表印も変更して、東京地裁八王子支部に競売申し立てを取り下げた。
この事件の顛末は、再競売で結局M側が地上げ戦に勝利となりました。
この業界都市伝説である聖蹟桜ヶ丘事件の登場人物群が、川崎東田町、真珠宮ビルはじめその後の有名事件に登場してくる。
この事件では、後藤組対策班の警察官もその後逮捕されたり、事件に入り込んだ元検事の弁護士も失踪したままになったり真珠宮ビル事件を彷彿とさせる展開になった。
この地上げで登記権利者として登場していた人物にH氏がいる。
(クリック)
台湾当局に身柄拘束中の兵頭隆氏が「完全無罪」、有名事件物件「聖蹟 ...
「台湾当局に身柄拘束中の兵頭隆氏が「完全無罪」、有名事件物件「聖蹟桜ヶ丘」で東栄住宅へ反撃開始」
           上記東京アウトローズ記事。 
 
このH氏側の弁護士が田邊勝己弁護士です。
dscn1556(東京アウトロ-ズ記事引用)

【東京アウトローズ一行情報】トランスデジタル「民事再生法違反事件」、申立 ...

東京アウトローズWEB速報版: トランスデジタル

一連の東京アウトローズ記事でわかることは田邊勝己弁護士と永本壹圭や野呂周介氏との関係です。依頼人らと弁護士の関係ですからなんということはないですが、弁護士営業の部分で田邊勝己弁護士は一つの典型例であり、その存在は社会的なポジションとして認知されるべきものです。
民暴事件弁護士というものを営業看板にあげる弁護士がいるなら、
経済事件を扱える弁護士ジャンルでは有名な先生です。
この先生はゴルフ村の先生ということでも著名です。
ゴルフ場民事再生事件では有名であります。

田邊勝己弁護士実績一覧

この田邊先生が自らも被害者として頑張られたのが

アコーディア・ゴルフ - Wikipedia

事件です。(問題提起集会での田邊勝己先生)
RIMG0101

司法試験勉強中からみやび法律事務所の富永弁護士の生き方を学ばれていた田邊勝己先生は
現在大阪弁護士会に所属されてその道を究められています。

閑話休題
聖跡桜ヶ丘事件は某ゼネコンの社員教育にも取り上げられる事件でありました。
この地上げ事件では多くの法律事務技術が駆使されて、その中に臨時株主総会役員変更事件があったわけです。
この事件で逮捕されたのがH氏ですが、この事件の被害者とされるM氏もその後H氏側への
配慮をもらすなどこの臨時株主総会事件の本質は暴力団の抗争事件なのであります。

H氏関与の事件で

アドテックス - Wikipedia

事件というのがある。その民事再生申立人も田邊勝己先生です。

聖蹟桜ヶ丘物件はその後、カーロファクトリー遠藤誠氏が東栄住宅に納めましたが、
建売不動産業というのはこういうことがあるわけでして、商品開発に土地が必要ですから
M建設やカーロファクトリーとつきあうということがあり得る。
真珠宮ビル事件でもボースン坂上雅夫氏が「赤富士」の委任状を持ち歩いていました。
坂上氏の本業は「光建設」です。
不動産屋という世界では、カーロファクトリー遠藤氏は仕事の出来る業者であります。
ただ、仕事の展開次第では地上げForceの暗黒面(Dark side of the Force)に落ちるのです。

民暴弁護士もゴルフ場民事再生弁護士もヤクザと同じ側面はある。
そういう社会的事象の典型がmさん
神戸山口組侠友会前本組組長前本義人氏事件でありましてこの事件が不起訴になるのは当然なのであります。電通ワークス事件と同じく事実を故意にある部分を無視して事件を組み立てると大矛盾が出るのです。
被害者が被害者かを確認する必要がある。加害者かもしれない。
結局、神戸山口組傘下団体組長が権力犯罪の被害者だと言いかねない。
(ヤクザですからこういうとき騒がないのです。)

3 臨時株主総会と役員変更は手段です。その先に目的がある。
臨時株主総会議事録という私文書を偽造して、登記所に登記を申請する。
私文書偽造して不当目的(有形悪意)で登記申請して公務所に事実と違う登記をさせるのが
公正証書原本不実記載です。
「私文書偽造、同行使、公正証書原本不実記載」こうくる。
その先は詐欺であります。詐欺が発覚しないように地主を殺す、関係者を殺す。
これが「杉並遠藤ウメさん殺人事件」
真珠宮ビル事件は殺人を無視して公正証書原本不実記載事件だけで処理をしようとした。
電通ワークス事件の原点を見るようです。

さて、現在香川県警で数名原本不実記載で逮捕されて起訴されたとか。
その事件は会社役員を勝手に変更したとか。
会社の預金をかっぱらうつもりだったのでしょうか。
司法書士ぐるみで会社登記を奪ったわけですが、その会社登記でさらに大きい利得を得ようとした者がいる。
それがMでありUであるのでしょうか。東京の地面師事件との関連が取りざたされている。
私にも風聞を入れてくる者がいる。
新橋4丁目のNだ、S社だといいますが、新橋某ビルNさんとか、業界有名人Tさんではないかと思う。ただ、香川県警まででてきて全国的だなと思うわけです。

会社役員登記を入れ替えることは、(株)真珠宮でもあった。
家賃を巻き上げるつもりだったかもしれない。
そういうことをやる人に、訴訟の証拠を作るためという不当目的を持つ人がいる。
同じパターンで何十年もやっていたら、気づく人はいます。
裁判所は裁判官変わるし書記官変わるから気づかないかもしれない。
30万の貸し金実行実体形成で極度額25億円の根抵当権仮登記を行うとか、そういう登記を訴訟のネタにする人もいる。
つまり、原本不実記載事件は点数がないから無視するけど、ある人士達が行う場合、大きい不当目的があると考えた方がいいわけです。
そういう視点でかんがえるとある人士とは誰か。これが重要になってくる。

4 弁護士のお仕事。
弁護士も集団化する。
利権団体でありギルドです。
ヤクザも一般との関わりは弁護士と同じ部分がある。
トラブルが飯の種ですから。
江戸時代は二足のわらじで、ヤクザで代言人で捕り手下働きがいた。
源清田一家とはそういう側面があった。
維新後新潟と北海道に流れたが新潟源清田は後藤組と芳菱会に吸収された。
弁護士が社会正義建前を失ったらヤクザと同じです。
民暴標榜事務所が事件師の弁護を始めてもいいけど、相手を反社呼ばわりしたらダメです。
二重基準になる。
まあつまらん用語は必要ない。これがわからないからヤクザに使われるのです。

ついでに、日本大学田中英寿は中学から相撲道一筋で事務局長だというご指摘があった。
肩書きや日大学生の由来は間違えてすんませんですが、
ヤクザ大物の上を行く人であり、古田体制の後継者であるということは間違ってるとは思わない。
日本大学日本陸軍であります。
関東軍ですな。国を滅ぼします。

会社設立登記ということ一つでも、、、、

当たり前のことであるが、当たり前のことで嵌められるのである。
それは裁判所も同じである。こういう部分は気づけば簡単だが盲点を突かれると言うことだ。
新橋4丁目に先立ち伊勢原駅前。
元地主や会社代表が失踪する。
登記に出てくるメンツとパターンが似ている。
(またお前が、同じことを現象という、魔術師といっている場合ですか。)
これが偶然と思うか必然と前提的に考えて精査するかは真逆です。

(株)真珠宮の預金通帳印鑑が偽造でなく変造される。
会社代表印は会社代表個人の印鑑証明と印鑑届(改印届)で簡単に変えられる。
某銀行が会社印鑑証明添付で普通預金改印届を出されたら普通預金届け印は結局交換されてしまう。
その一連作業を実務に堪能な者等が行えば銀行に不正発見を期待することは難しい。
しかし一般論で銀行の窓口を買収したりしていたら別論である。
(そういうことがあったと言っているわけではない、使用者責任という前に事実をしっかり認知せよです)
こういう事件の被害額はでかい。9億弱とか60億弱とか。
その金は何処に行ったのか。

印鑑証明制度とか偽造の方法を検証する必要がある。
偽造方法をシュミレートしてみる。そういうことが専門家と言うことではないか。
昔は会社登記簿はバインダーに綴られていて、閲覧は登記簿そのものを見せていました。
印鑑紙もバインダーに挟まれていて、それを登記所から持ち出し撮影されたり、蝋で陰影を複写したりされたようです。
港出張所で歴史的地面師犯罪が行われて、長期裁判の結果登記所に過失責任があるとされた。
この事件は犯人は不明。怪我人死人なし。
見つけたら殴ってやろう思っているが、見つかりません。
見事に登記詐欺をやってのけた。
当時は、ニュージーランド大使館やオーストリア大使館を売り払う詐欺が横行していた。
こういう詐欺師にはあきれるし感心する。
最近は、チェコスロバキア大使館を売りますという人がいる。
たしかに国が分裂して、チェコもスロバキアも旧大使館を売り払い金にしたい。
互いに相手に金を渡す気はないようです。
チェコスロバキア大使館不動産は両国の共有物と思うが共有割合はわからない。
それでも話はあり得るように作られているから、手付けとか工作資金名目で
数千万円の詐欺話は日常的らしい。
ロシア大使館通商部土地建物も売るという話。
売ることはあり得るが、プーチン大統領と話をせなあかん。
nanio

それでも未だに売却話はあるわけです。
KGBに殺されたりしないのでしょうか。

外国の大使館などの財産が売りに出て、その不動産物件の移転登記が登記所に出されたとする。
スロバキア国が旧大使館の所有権移転のための登記申請付属書類と申請委任状を
司法書士にわたして、司法書士が登記所に登記を出すと考えてみてください。
そのときは、登記所所長は書類が真性であればあるほど、法務大臣通じて外務大臣経由で
外務省にご意見を伺う。
外務省がその移転登記の前提事実に意見を出す。
ですから、スロバキア国大頭領の委任状が本物でも登記所だけで判断しない。
スロバキア国大統領委任状が金で買えても、それは使い物にならない。
詐欺にあっても何処のお巡りに訴えるのですか。

こういう種類の詐欺は単純で大胆なのです。

出資金詐欺師が詐欺を企画する。
そのときに同名の会社を二つ作り、その会社登記簿で銀行に普通預金を作る。
A社で詐欺をさせて、被害者にA社名義の預金に金を送らせる。
しかしA社という社名会社が同日に二つ設立されているとする。
「合同会社バラ色」と「合同会社バラ色」が同日に同じ場所で設立できる。
代表者はHとYの違いしかない。
Yが出資金詐欺をして、騙された人は「合同会社バラ色普通預金」に送金する。
Y自身も「合同会社バラ色普通預金」はYの会社の普通預金と思っている。
ところが、HはYの知らないうちに「合同会社バラ色」@Hを作っていて、預金通帳は
「合同会社バラ色」@Hでつくります。
Yも騙された人も預金通帳の表題は同じだから、金はHが引き出して相当たってから気づく。
YもHに騙されている。被害者はYを訴えるからYは実刑になる。
こういうことが瞬時にわかる人は才能があるかもしれない。
悪用してはダメです。
こういうことが行われうるから、会社番号で納税や登記や預金通帳の管理をする必要がある。
個人情報云々は詐欺師の言い訳にさせるな。
しかしこういう会社設立を毎日行っている業者がいまして、新宿にあるのですが、
一日10社作り手数料一社5万くらいとれたら、毎日50万円。
羨ましい正直気持ちでいえば。

銀行融資で納税証明その1、その2を出す。
証明用紙も税務署の証明朱肉も本物と同じ。
納税証明その3と言うのを見て、初めて納税証明偽造とわかる。
税務署から用紙と朱肉が盗まれているようだが事件にはならない。
印鑑証明書偽造も用紙を区役所から盗むとこから始める。
個人情報云々も大事だが、不動産や預金盗まれたら、次は殺されますよ。

裁判の証拠を別の裁判所で出来レースで作る(判決得る)。
こういうのを天才という。

不動産元地主を連れ出して、登記の書類を用意して、不動産売り払う。
既成事実を作って元地主の死体が出なくて遺族もいないとか、遺族と話をつければ、
地面師殺人犯罪は完全犯罪です。ある意味簡単ですわ。
羨ましくないです。怖いはあなたたちはホントに怖い。
ギャラリー
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • 鉄鋼摩擦と韓国。そして韓国の大統領。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。