MS blog

私小説的体験ブログ。

山本幸三代議士と毎日新聞記者糸川録音テープ

外資があり日本長期信用銀行を買ったという。
買った者がいるなら、売った者がいる。売った者は日本政府である。
買った者を非難するなら、売った奴も非難せねばならない。
南青山三丁目地上げで糸川代議士との会話を隠し録音したのが毎日新聞である。
その報道をもってサーベランスが訴えた。
この問題を解決するため、毎日新聞はサーベランスの背後のヤクザを表に出したかった。
それは成功したのでしょう。
しかし、情報元の秘匿とか報道の自由を支えるマスコミの義務は無視した。
(事実上犯罪)
山本幸三代議士が国会質問で行政が行う刑事事件について質問した。
こういう質問はやって良いときと、やってはいけないときがある。
それを今問われている。
山本幸三代議士に金を与えたのは榊原である。
榊原の働きで南青山三丁目の開発は一時頓挫。
糸川元代議士や中川秀直元代議士と榊原の関係はわからない。
反目はどちらだということだ。
南青山三丁目の地上げが経済行為なら金を出した者が所有者であり、URも損害を回復するならすればよし。
事業のために金を出したなら、事業をさせてやればよいし、
ダメという理由があるなら公表すれば良い。
いま抵当権を持っている外資はファンドという箱である。
箱の中身がマネロンをしているなら別問題。
ホテル建てたいのなら立てさせればよし。中国人を纏めて面倒見てくれた方が邪魔くさくないでしょう。

山本幸三と榊原某。蓮見和也。

榊原康寛- ゼリ財団(ZERI)パン・パシフィック代表理事- はローマクラブ準会員である。
あるいは過去準会員であった。 
山本幸三議員もローマクラブ
榊原康寛は仕事師で有名であるが、この人物はローマクラブ準会員として多くの有名人との知古を得たわけである。
 会社概要
榊原 蓮見 総合事務所
吉岡の弁護人ではありませんという弁護士バッチ蓮見和也は榊原と同じ事務所内にいた。
サンケイビル17階。
山本幸三はアベノミクスを成功させる会会長。
ローマクラブつながりで山本幸三はテフロン議員であるといわれているそうな。
5000万の利益供与。国会質問。村上正邦は贈収賄。
テフロン構造をもつ幸三議員は平気だとか。


南青山三丁目件外物件?
です解体中
解体中

港区南青山3丁目165不動産登記(建物全部事項)2016042542537482.PDF

さて、この南青山物件は、村上ファンド、アルデプロ、ライオンゲインなどが地上げをして外資に売った。
外資はホテルを建てるはずであったが、件外建物?故に所有権の移転もせず、
抵当権で物件を押さえている。資金の保全を図っているわけである。
東京オリンピックに間に合わせないとホテルの履歴に傷が付く。
湖雲寺物件もオリンピックまでに間に合わせたい。

この物件で出てくる政治家の名前は古くは中川秀直。つまり森喜朗である。
そしていま山本幸三であるが、実は東京ビル不動産という会社がこの南青山物件に処分禁止の仮処分を掛けている。
東京ビル不動産は鵜野登美男(南口開発)関係会社であり、有り体に言えば小沢一郎別働隊である。
日本産業ホールディングス子会社社長でもある鵜野氏は三栄建設社長。
ここで、榊原のこの物件への関わりが実は政治家の関わりでもあり、権利抗争があるのである。
外資はこの件外建物物件の抵当権を得ている。
しかし、建物存続のための底地への関わり、使用貸借、賃貸借、地上権を抵当に取れたかどうか定かでない。
登記の流れを説明しても理解できないでしょう。

類似事例でピーポ君代表地上げトライチで六本木トラストが出てくる。
六本木トラスト(齋木学社長)も馬頭ゴルフコース(橘田、愛時資、広島)を吸収し米津等史らとの
関係性がある。

1 川崎東田町事例、プレハブ団地借地権手口と南青山三丁目。
南青山件外建物登記名義人は天井グループ。
私見によれば代理戦争が行われており、アルデプロ周辺者と在日地上げ金融グループとの
確執があるだろう。

2 この種の地上げは最初に名前を出された者は当て馬の可能性がある。

こういう地上げは通常人ではわからないことだらけです。
話が飛ぶようですが、魔術師の傷害事件とも深い関係性を持つはずです。

なぜ、今、山本幸三なのか。

とりあえずのガス抜きであるなら村上正邦事件に似てくる。

結論
誰かが止めてやったらどうか。
山本幸三やり玉にして談合したらいかがか。
連邦政府のTOC対象者はまず外さないと。

わかりにくいわな。

真珠宮ビル公売が進行するとどうなったか。

真珠宮ビル公売に参加することが真珠宮ビル団子三兄弟と取引することではない。
Mハウジングの母体がパン屋だから団子三兄弟を知らないなら民事執行法の保護範囲。
Mハウジングは住宅展示場も持っているようであり、JR東日本と縁があろうが、宇宙人であろうが地底人であろうが「民事執行法」保護範囲なら団子とは関係ない。
しかし、団子とくに赤富士団子をしり、真珠宮ビル事件内情を知るものが、この公売に参加して、落札したとする。
それには民事執行法の保護ないから、赤富士団子三兄弟が公売を利用しただけであり、
4番目の団子が真珠宮ハモニカ長屋に参加するだけである。
公売に参加すること自体に問題を幹付けることは出来ず、
参加者の属性が問題なのである。
(団子とパンは違うと言うこと)

1 公売スイッチを切らないと、(未納税金を払わないと)、どうなったか。

Mハウジングの入札許可決定が出れば公売は停まらないのだろう。
そうすると、Mハウジングが31億1千万を公売に支払う。
その金の出所は問うことは出来ない。
JR東日本がその金を融通することもできる。MとJRに紐付き融資の契約書があるだろうか。
そういう契約書があれば、若干の問題であろう。
存在しても見せる必要ないし、みずほ銀行が迂回融資をすれば関係はないことになる。
富士薬品銀行物件に後藤の区分所有が付属していても、みずほ銀行はVに30億円融資することはする。それがドンキな安田でもパン屋の安田でも同じです。
「餃子の王将」が巨額投資をFゴルフ関係にしても同時に巨額資金を借りることが出来て、
一挙に多店舗展開が出来るなら、その巨額資金投資が寝ても企業は存続できて、
一部上場企業になれる。
現金商売はそういう強みがある。JR東日本の駅にパン屋のチェーンが入るかもしれないですね。
餃子の王将90億は無担保命がけ取引。金を出して、倍以上銀行から借りた。
大東氏は珍しい言行一致の九州の男である。
団子物件公売参入31億は土地が手に入る。楽勝ではないか。
31億は状況によって安い投資にもなる。ですから資金調達は出来る。

2 Mハウジングの資金が、公売でローンダリングされて、団子長屋に行く。はずだけど。。。。

公売ローンダリングとはとりあえず真珠宮物件をJRが利用できるようになると言うこと。
地役権をつけるとか。いまバスの駐車場にしているのと同じことです。
こういう事態になると、一時的に南口開発の口座に金が入る。あるいは南口開発の指定する者とか
赤富士の口座にかねが入る状況になる。
そういう時点が公売手続きのどこかであるはずです。
その時期をみて、連邦政府のレターが東京都に来たりすれば、事実上資金は凍結でしょう。
後藤忠政は連邦政府TOC制裁を受けている。金正日と同じ立場です。
カンボジアにいても金がかかる。金が発見されれば連邦政府に押さえられる。
この公売には期待していたでしょう。後藤銀行に資金が戻ってくる。
それが狙われると感じてしまうと、不安に駆られて、公売スイッチを切ってしまうことになる。
持てる者の悩みですな。

3 公売取り下げは税金納付それは都民のため。小池百合子知事の威光であるかも。舛添や石原では公売続いた可能性はマジである。
ノーと言いたい石原なら連邦政府のレターを無視するでしょう。そういう類いのお話です。
お友達かもしれない。
後藤忠政の威光が落ちているかもしれない。
後藤に金がないと皆が気づいたときに「富士川電灯」以来の後藤電球は消えることになる。
なんにでも寿命はある。
カンボジアに行けば良い薬草があります。
タイにも良い病院がある。
駐車場代が入る地主ではないですか。詐欺の商材でもあるし。
横浜では真珠宮ビル売り歩かれている。いつか売れるでしょう。
横浜の金融業者から金を借りれば良い。二重に貸してくれないけど。 
ギャラリー
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • 鉄鋼摩擦と韓国。そして韓国の大統領。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。