MS blog

私小説的体験ブログ。

鹿島建設不法投棄事件とみずほ銀行事件

この不法投棄事件は不可解である。
いかなる背景があろうが、マニフェストなしに建設廃材を処理した、処理させた、鹿島建設に
産業廃棄物法違反がある。
RIMG0161
このできたてのほやほや、相模原清新町富士住建建物建設予定地からでた廃材にマニフェストはない。
あればそれは偽造である。
鹿島建設羽田沖D滑走路建設廃材不法投棄事件はこの相模原の事件と同じ構造を持つ。
そして行政が沈黙していることも同じである。
双方ともヤクザの介在があり、行政が沈黙する。
清新町の廃材事件の場合、行政は土地測量に関心があるようだ。

さて、国家事業で自ら関与した建設廃材を埋め立てに利用した鹿島建設が何ら処分されないのは何故か。
こういう設問に、鹿島と行政の癒着ということが疑われるという、疑惑という答えは容易に出る。
そういうことはあるでしょう。
しかし、それにしても中途半端な捜査と鹿島側に入り込んだ検察OBとかの振る舞いが何故と
いうことを考えてみる者も少数ではいる。一人はいる。

そういう者に、ある裁判を教えてくれた者がいる。
裁判所に行く機会が多ければその傍聴は容易い。

傍聴し、判決が手に入らなかったので記録を閲覧してみた。
それを筆記謄写したものがいかのものである。

裁判はすべての事実を元に行われるものではない。
判決のなかに記載されたことが絶対の真実でもない。
同時に、この判決には事実も含まれる。

原告は弁護士M、原告代理人はN弁護士著名な法律事務所に所属されていた方である。
被告は住吉会会長とT氏。
M弁護士の法律事務を妨害したことを不法行為として損害賠償を求めている。
この事件で住吉会会長の事件は和解中、
その間、欠席判決が出ていたので、記録と判決を閲覧謄写できた。
住吉会会長の方は和解が成立して事件はなかったことになった。
そこでこの判決だけが確定して残ったというわけである。

判決を読み込むと、高橋真という人物がでてくる。

1 判決。

   平成251月30日判決言渡 同日原本領収

   平成24年(ヮ)第8599号 損害賠償請求事件

   口頭弁論終結日 平成241121

    

              判 決

   横浜市中区不老町一丁目1番地14号 関内エスビル10

                       M法律事務所内

     原告 M

     同訴訟代理人弁護士 中津川彰

   住居所不明

   (最後の住所)東京都港区虎ノ門五丁目313201

     被告 T

             主文

1 被告は、原告に対し、10万円及びこれに対する平成21年四月22日から支払済みまで

5分の割合による金員を支払え。

2 原告のその余の請求を棄却する。

3 訴訟費用は、これを100分し、その99を原告の負担とし、その余を被告の負担とする。

4 この判決は第1項に限り、仮に執行することができる。

             事実及び理由

第1 請求

 被告は、原告に対し、1000万円及びこれに対する平成21422日から支払い済み

まで年5分の割合による金員を支払え。

2 当事者の主張

 1 請求原因

(1)    原告が受任した法律事務の内容

 弁護士である原告は、平成21421日、佐藤信(以下「佐藤」という。)との間で、

原告が佐藤の代理人として次の法律事務(以下「本件法律事務」という。)を行う旨の委任契約を締結した。

 (法律事務の内容)

佐藤の鹿島建設株式会社(以下「鹿島建設」という。)に対する佐藤が鹿島建設から請け負った東京国際空港D滑走路建設工事に関する埋立資材の収集、運搬等の業務に係る経費相当額である8085万円の損害賠償請求及び当該請求に関する交渉

(2)被告による原告の法律事務への介入

ア 原告は、平成21421日、佐藤及び佐藤の業務補助者である高橋真(以下「高橋」という。)とともに、鹿島建設と交渉を行うため、鹿島建設の事務所に赴いたが、その際、原告、佐藤及び高橋のいずれとも面識のない被告が途中から同行した。

イ 鹿島建設の事務所において、原告のみが鹿島建設の担当者と交渉を行うこととなったが、被告は、当該交渉の場に数分の間同席していた。

ウ 上記交渉が終了し、原告、佐藤及び高橋が帰路に就く際、被告は、上記原告ら三名に対し、「先生も入ったことですからこの件は円満におさめてくださいよ。」と延べ、また、佐藤に対し、「住吉会副会長 住吉一家 波木 七代目 大竹新次」と記載した名刺を交付した。

エ 被告は、暴力団波木組の組長であったが、平成2162日、高橋に電話を掛け、鹿島建設からの依頼を受けて佐藤の鹿島建設に対する請求に介入することとなった旨を伝えた。

オ 原告は、上記アからエのとおり、暴力団の組長である被告が本件法律事務に関与したことから、自らの生命・身体に危険が及ぶかもしれない旨畏怖し、そのために、本件法律事務を遂行することを断念した。

(3) 被侵害利益ないし違法性

 上記(2)のとおり、被告は、原告に対し、被告がいわゆる暴力団の組長であることを知らしめるなどの脅迫行為をして原告を畏怖させて、原告をして本件法律行為を遂行することを断念させ、もって原告の弁護士業務を違法に妨害したのであるから、被告の行為は、原告に対する不法行為となる。

(4)被告の故意

被告は佐藤に対し名刺を交付しているが、佐藤が自己の代理人である原告に当該名刺を交付することは当然認識していたというべきであるから、被告の脅迫行為は、故意による者である。

(5)原告に生じた損害

原告が、被告の不法行為によって畏怖し、また、その業務を妨害されたことにより受けた精神的苦痛に対する慰謝料は、1000万円を下回らない。

(6)よって、原告は、被告に対し、不法行為に基づき、1000万円及びこれに対する不法行為の日である平成21422日から支払済みまで民法所定の年5分の割合による損害賠償金の支払を求める。

2 請求原因に対する認否

被告は、公示送達による適式の呼出しを受けたが、本日口頭弁論期日に出頭しない。

3 当裁判所の判断

1 認定事実

(1)  証拠(甲1の1の1及び甲1の1の2)及び弁論の全趣旨によれば、原告は弁護士であり、被告は、平成214月当時、指定暴力団住吉会の傘下組織である波木組の組長であって、いわゆる稼業名として「大竹新次」の指名(ママ)を使用していたことが認められる。

(2)  証拠(甲1から9[甲1から3につき枝番を含む]、甲14及び甲15)及び弁論の全趣旨によれば、請求原因(第21)の(1)及び(2)アからエの事実を認めることができる。

2 被告の原告に対する不法行為の成否

1)上記1の認定事実によれば、被告は、平成214月当時、指定暴力団住吉会の傘下組織である波木組の組長であったが、原告が佐藤から受任した本件法律事務の遂行として行った鹿島建設との交渉の場に立ち会い、原告らに対し

「先生も入ったことですからこの件は円満におさめてくださいよ。」と述べ、また、交渉終了後に、佐藤に対して被告の上記肩書を記載した名刺を交付したものである。

これらの事実によれば、被告は、佐藤に被告が暴力団の組長であることを殊更に認識させることにより、佐藤のみならず佐藤の代理人である原告に対してもこれを示し、暴力団の組長であることによることを背景に、暗に、原告や佐藤の生命や身体に危害を加えかねないことを示して、佐藤から受任した本件法律事務の遂行を断念するよう要請したものであると認められ、このような被告の行為は、社会通念上許容される限度を逸脱して、違法に原告の弁護士としての業務遂行を妨害しようとしたものであるということができる。

(2)請求原因(2)オの事実について

被告の上記(1)の行為により原告が畏怖したことについては、原告の陳述書(甲14)によれば、交渉の時点では、被告とは面識がなく、被告が暴力団の組長であることを示したこともなかったのであるから、原告が、被告の交渉の際の言動により威圧感や不安感を覚えたことが認められるにとどまる。

 また、上記陳述書には、原告が、被告の上記(1)の行為によって佐藤の鹿島建設に対する請求を断念した旨の記載がある。

しかし、原告は弁護士であり、原告に対する上記のような被告の行為があったとしても、

依頼者である佐藤のための法律事務の遂行を容易く断念することは、弁護士としての職務の放棄であるとの誹りを受けかねないのであるから、原告がそのようなことをしたとは思われず、佐藤本人が鹿島建設に対する請求をしないことにしたにすぎないことがうかがわれるから、上記記載をそのまま採用することはできない。

もっとも、

上記陳述書によれば、原告は、交渉の後に被告が暴力団の組長であることを知り、

不安感を強めるとともに、佐藤に危害が加えられるおそれがある事を懸念し、

鹿島建設に対する請求を手控えざるを得なかったことが認められる。

(3)  以上によれば、原告は、被告の上記行為により、本件法律事務の遂行をするに当たって、自己の生命や身体に対する不安感を覚え、また、佐藤に対する危害が加えられることをも懸念しなければならない状況となり、そのためこの点において、被告は、社会通念上許される限度を超えて、違法に原告の弁護士業務を妨害したものであるということができる。

3 原告に生じた損害

被告による上記2の不法行為の具体的態様や、原告が受けた影響の程度等の一切の事情を総合すれば、被告の不法行為により原告の被った精神的苦痛に対する慰謝料の額は、

10万円と認めるのが相当である。

4 結論

以上によれば、原告は、被告に対し、不法行為に基づく損害賠償として10万円及びこれに対する不法行為の日である平成21422日から支払済みまで民法所定の年5分割合による遅延損害金の支払いを求めることができる。

よって、原告の請求は、上記の限度で理由があるからこれを認容し、その余は理由がないからこれを棄却することとし、主文のとおり判決する。

 

東京地方裁判所民事32

               裁判官 白井幸夫

       

 

コメントをいただきました。(ご教授感謝)

ナスカジャパンさんのホームページを紹介していただいた。
ナスカジャパンがこういうIRをされているとは気づかなかった。
真珠宮ビル仲介で弘道会とともに逮捕されナスカの営業活動は逼塞状態になりました。

1 「反社」というレッテルに精一杯の対応をしたナスカ。
 http://www.nazcajapan.com/result.html 
真珠宮ビルをボースンの坂上社長と仲介を試みたナスカです。
警視庁赤坂本部のO班に逮捕され即釈放になり反社とされたナスカです。
同時期に千葉県警公安部OBの五十畑が物件を売り歩いていて、
海苔屋のコバちゃんが相談受けていたゴミ屋さんの事務所に来て、O警部と話をつけてくれとか、
(株)真珠宮の片桐社長がゴミ屋で働かせてくれと頼み込んできたり不思議なことが起きていました。
RIMG0161
直近のゴミ置き場ですが、ゴミ置き場ではなく但の私有地です。
ゴミ置き場という法的位置づけは東京都が産廃積替場所の前提である
産廃業者免許取り消しをしたから、単なる私有地です。
この産業廃棄物はランアップという八王子台町のあんちゃんがマニフェストなしに放置しているものです。多摩環境事務所田中係長の指導が望まれます。
ナスカさんは地上屋でその力量は過去に纏めた物件一覧で充分に理解できます。
ここで、私の地上げ経済行為に対する基本的立場は貴重な不動産を時代に合わせて
活用できるようにする重要な仕事と思っています。
権利調整は必要であって、暴力団が前面に出ていた時代もあった。
ナスカの六本木三丁目地上げは失敗したが、裏切り者の竿氏を使った元地主側は
みっともない話です。
ナスカの経済行為はすれすれなんであります。
能力のない私はその胆力を評価していました。
同時に事業の成否は運否天賦でありまして、わたしには考えられないビジネス世界です。
開発案件
港区元麻布高級戸建
旧竹田宮の居宅を、外資系弁護士のエンドユーザーに売却。
事業主体アランキッチン国際法律事務所
面積(土地・建物)土地 330m2
目的価格3億円
皇族竹田氏との関わりは不動産取引でもあったようです。

ジョイント、イデあるプロパティなどいわゆる香ばしい経済主体との関係。
まあ某園氏との関係性が物語ることもある。

それでも南青山三丁目を仕上げて仕事のつじつまを合わせようとしていた。
横やりが多数入って気の毒でもあった。

2 一つの時代の終わり。
ナスカを論ずることは伊勢原を論ずること。
それは伊勢原死体なき殺人事件に限らない。
ナスカは関係ないが、類似は関係している。
ゴミの不法投棄もある。死体もその一つに過ぎない。
伊勢原死体なき殺人地上げ事件について論じましたが
二番煎じの情報をいじっているだけで、オリジナル部分は
関連事実の再構成だけです。
舛添知事が叩かれている。
これは舛添えのオリンピック利権食いが
20081110_403409

このお城と同じだからです。
温故知新
よい案内ブログがあります。

楠橋城 (福岡県北九州市) - 新日本DEEP案内

経済行為犯罪の裏には構造的欠陥が。

さわやかな笑顔で検察に送致される前本憲生(神戸)山口組侠友会前本組組長であります。
報道から推察すると、4月14日頃から検察官拘留になったと思う。
そうすると起訴は5月5日頃でしょうか。
mさん
 
この事件のテレビ朝日報道はもう見ることは出来ない。
アーカイブもされていないのでは。
http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_international/articles/000072508.html

記事が見つかりませんでした。
既に削除された可能性があります。

上記「ようつべ」で1分12秒頃から被害者のコメントが放送されていて、前本組組長の恐喝言辞も録音されている。被害者が録音していたのでしょう。録音を周到に用意する被害者であります。
侠友会組長に脅されるかもとわかっていて、録音機を用意していた被害者であるとする。
それなら、組長に会わねばいい。よばれても行くことはない。
録音機を用意して組長に会いに行く、もしくは某事務所に行く必要があったのでしょう。
さて怖かったという被害者でありますが、鎌田和彦に行動原理は似ています。
警察の利用のタイミングが似ているわけですね。
鎌田和彦というのは
main_picture1219 (1)

この人ですが、順不同ですが、敬天取材に最初に赤坂署にいったらしい。
その前後に敬天新聞に暴力団を差し向けたらしい。
そういうことで、出資金詐欺グループとの関係を敬天新聞に報道されると
警察筋O弁護士に依頼して内容証明を送ってきたらしい。さらに敬天が報道するので
現在名誉毀損民事事件を敬天に仕掛けた。
グリグリ犯罪グループと経済行為トラブルを抱えていた。最終的に刑事警察に駆け込みそして
刑事警察御用達弁護士が鎌田のフロントに立つ。
本日の敬天ブログが似非同和(和合秀典)の暴力団利用と警察利用を書いている。
似非同和にしろ在日デート商法、ドンキな安田にしろ実態は同じなんですな。
真珠宮ビルが33億で処理できれば次の受け皿があると、
双愛会地元の千葉と横浜で持ち歩く輩がいる。
鹿島建設が買ってあげればいいのに。鴻池建設から。

こういう輩の脅されたとか名誉毀損だというお話の前にこういう輩の生きる経済社会を知る必要がある。

1 タクシー会社売買はヤクザの仕事。
まずわからないときにぐぐる先生に聞いてみます。
タクシー会社 売買でググると以下のがでてくる。

  1. タクシー事業者の売却なら - integroup.jp‎

    広告www.integroup.jp/03-6206-6980
    完全成功報酬制でタクシー業のM&Aを支援 タクシー業譲渡の実績豊富で高成功率
  2. 低手数料で会社売却 - chusho-ma-support.com‎

    広告www.chusho-ma-support.com/
    会社売却を基本合意まで無料で仲介。 売却益をしっかり確保でき、実績豊富
  3. タクシー事業のM&A/無料相談 - y-bc.co.jp‎

    広告www.y-bc.co.jp/
    専門家がタクシー事業のM&Aを徹底支援 タクシー事業の売買、実績豊富
    案件実績の一部を紹介中 ・ M&AコンサルならYBCへ ・ 承継サービスも徹底対応
2011/11/14 - 札幌交通圏のタクシー会社は、規制緩和で増えすぎたタクシー台数を減車する取り組みを昨年から行っている。業界内では光星ハイヤー91台の自然減を期待していたものの、営業権の売買は法的に認められており減車の取り組みも法的な ...

破綻したタクシー会社は売買の対象なのであります。
会社の資産負債勘定すなわち貸借対照表で負債額が大きくて自己資本が
足りない会社があったとする。
こういうのは破綻した会社で倒産です。
資金が回らないから営業が出来ない。

タクシー会社は負債額が40億円。管理タクシー台数100台という会社でも
タクシー操業は自転車(二輪車操業)操業より車は四輪だから倒れない。
冗談でなくマジ。

まずタクシーは営業車が一月一五〇万売り上げる。半分強(微妙)が運転手に回る。
半分が会社の取り分。燃料代車償却費一般管理費などなど一月七五万はかからない。
収入は毎日現金。ですから債権者も差し押さえは難しい。
燃料代など経費は現金で払えるし、日銭が入るからタクシーが走り回ると会社の操業は
とまらない。
でありますからタクシー会社は売り上げの除外は簡単で脱税の常習犯なのです。
10億単位の脱税三回やったタクシー会社を知っています。
こういうのはやめません。
タクシーの運転手とつるんで一日2千円ごまかして150台*2000円=三〇万円/1日
売り上げ除外したりする。
言ってしまえば会社ぐるみの煙突営業。
ある一台は常にメーターは回っていても闇営業かもしれない。
年一億くらいです。三〇年に三回脱税でやられても潰れないですね。
脱税所得はその都度10億以上。足立の会社です。
まだやっているでしょう。やめられないのです、おいしくて。
かっぱえびせんです。

タクシー会社すべてではないが、100台程度の小さい会社は
オーナーが借金まみれでも営業は続けている。
そういう会社の株式の価値はゼロです。理由は債務超過だから。
でも営業免許はあるからタクシーは走る。労働問題があるから、営業免許はなくならない。
こういう会社の株式価値はゼロ以下でも、営業免許付きタクシー会社は現金を毎日生むので、
売り上げのたつ、水商売スナックと同じで、
ヤクザ業界では取引対象になる。
M&Aとかかっこいいこといいますが、言葉使っている本人は英語なんて読んだことはない。
なぜヤクザ業界の仕事なんでしょう。
債務超過の多重債務オーナーのタクシー会社に億の価値を見いだせるのは
ヤクザ的経営者です。
そういう基本的に合理的経済社会のルールから外れた、経済社会はある意味麻薬取引経済社会に近くなる。
裏社会トラブルを、裁判所に持ち込むこと出来るでしょうか。
それは裏社会のルールで解決される。わたしは詳細は知らない。
裏社会経済から手数料など手に入れたこともないし、希に登記の現場でその境目を見ることがあるだけだから。最近も神奈川で福岡勇次さん見つけました。
この事件は
練馬のタクシー会社売買で15000万受け取った人がいて、
2億恐喝されたという。15000万返してさらに二億請求されたという意味なんですよね。
そうであるならひどい話だ。
そもそも何故受け取ったのでしょう。
受け取った側にもヤクザはいなかったんでしょうか。錦糸町方面の。
神戸と錦糸町の中間で話し合えばよかった。
最近名古屋は使いにくいのでしょうか。

2 前本組長はみんな捲れる、と予言。
前本組長はプロですから、録音されていると知っていて、発言しているでしょう。
はっきり言って練馬のタクシー会社とやらに株式価値などないはずです。
いま九州や地方のタクシ-資本が東京のタクシー会社を買いあさっています。
理由は、売り上げがやはりたつからです。
地方は一日2万円売るのが大変でしょう。
東京は五万くらいでしょう。
この被害者は報道をみると、一億五千万受け取っている。
15000万円返していないですね。
すると前本組長2億円恐喝未遂はなりたたない。
5000万なら成り立ち得るけど、被害者が5000万以上損害与えていたら逆ざやですよ。

3 被害者と加害者の対立構造はいつからか。
さいしょは一緒にやっていて途中で15000万消える関係になった、
こういうことかもしれない。
とにかく15000は返さない。警察力使っても。
かもしれない。
タクシー会社株売買は通常の株取引ではないから、
二重三重売買が日常なんです。
不動産屋でこれに手を出す人が多いです。

詐欺師のサーカスだから、おもしろく見ていないと。

4 逮捕者の一人は5月2日にでたとか。 
残る二人はどうなったか。起訴されている可能性も。
何でもありの業界ですから。
マスコミさんの事後報道が重要です。
前本組長以下不起訴なら人権侵害ですよ。
恐喝呼ばわり続けていると。いくらテレビでも。
しかし、それは組長等の問題でもある。本人達が認めたらそれも一つのこと。
そういう世界だから。プロは損得それで動くと言うこともありえるので実態はわからん。
まあヤクザに人権を認めないからいいのでしょうか。
 
4 タクシー会社の規制は必要。そして行き詰まったタクシー会社清算の道筋もつけるべき
矛盾あるところにヤクザさんの仕事がある。
紳士の讀賣巨人軍を見よ。 矛盾ですよね。新聞屋と紳士なんて。
ギャラリー
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • 鉄鋼摩擦と韓国。そして韓国の大統領。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。