MS blog

私小説的体験ブログ。

後藤忠政とTOC制裁。その3

山口組分離(分裂)があるなら、その前の山口組がある。理の当然です。
山口組本家といわれるものは、神戸山口組ができたときに、中身が変わっている。
山口組本家という存在が継続しているなら、神戸で抗争事件がある。
それがないのは、抗争先送りか、現状追認か、防戦一方かということです。
それはわからないことであります。
三代目山口組の成立から、抗争を経て、当代に至るわけですが、
その山口組トップ交代の中身はわかるわけがないのです。
しかし、山一抗争の結果の山口組トップ交代と当代に至る山口組トップ交代では何か違う要素がある気がします。
今回の神戸山口組と呼ばれる勢力ができたことは、仮に名古屋山口組が7代目を選んでも
それは地方の大組織のトップが交代しただけで、神戸山口組からすれば何の関係もないことであります。
しかし、ヤクザとコラボして社会生活を維持している者にとっては大問題です。
たとえば、一元的につきあえば全方向のつきあいができた日大田中英壽のような者は再び多方向のヤクザと
つきあいを直接的に再開しないと現在の地位が維持できないわけです。
時間軸で映像を並べるなら、

20140227_427390_t

images

download (2)

こういう感じでありまして、
裏世界のトップとつきあえて仕事が楽になった田中英壽は満面の笑みをたたえている。
ところが、トップがトップであることは変わらなくても、
昔のつきあいの深い者が同格のトップになるとそのつきあいを復活せねばならない。
因縁はこちらのほうが深いからどうつきあうか見物です。
日本一の世渡り上手の田中英壽日本大学理事長がどう対処するかを世間は参考にしたいわけです。

1 後藤忠政がなぜ今TOC制裁対象になったかを考える意味は実社会に対する影響を考えること。
山口組分裂とか分離とか一般人には関係ないこと。
ところが公共工事や海外ODAでは大きい問題なのです。
鹿島建設の産業廃棄物法違反が見過ごされ続けているのでありますが、
マニフェスト違反は明らかで何らかの処分はされるべきなのです。
それをやらないのはなぜかとあえてある方向性で考えてみると
鹿島建設にマニフェスト違反を問う以前に鹿島建設は維持できるか、日本経済のために維持させるかということがより大きな問題ではないかと思い当たるわけです。
羽田沖建設廃材不法投棄事件は鹿島建設内部が関与して行われたことは明らかであります。
建設廃材は一人で勝手に羽田沖にいって身投げをいたしません。
横浜の解体現場から羽田沖まで、ダンプカー、ユンボ、埠頭、船、、、、
大変な手間と金がかかる。ダンプカー延べ1000台として、一台8万くらいの原価で8000万です。
埠頭は誰にでも貸すわけはない。
この悪事に最低3億以上の資金が必要です。
その資金を誰が出したか、資金は目的どおりに使われたか、建設ガラ廃棄物投棄の目的はなにか。
資金を出した者は金は回収できていない。真珠宮ビル地上げのもうけ話に乗った金主と同じ。
資金は目的通りに使われてはいない。半分以上は掬われて(横領)されている。
建設ガラ廃棄の目的は、露見させて鹿島建設を恐喝することにある。
内部に手引きをする者がいる。
羽田沖のD滑走路建設現場に鹿島建設が頭でも解体ガラを捨てて露見しないわけがない。
そこにはほかのゼネコンもいるのですよ。
たとえば東洋基礎工業とか。
ダメ工事をしていれば、すでにD滑走路は穴が開いているでしょう。
東洋基礎工業はD滑走路建設共同企業体の一部ですが、技術はここが持っている。
談合はしてもダメ工事はしない。
この関与者の一人は50年後はD滑走路に穴が開くといっている。
それは悪くみても寿命だし、50年後は関与者は生きていないから嘘はばれない。

2 D滑走路恐喝事件が蹉跌したわけ。
港のことは港の人に聴く。港で働いている人(もちろん大正常人です。顔は怖いかもしれない。)は
羽田沖埋め立てのことは身をもって知っている。実際にそこで労働をしているからです。
こういう絵図を描いて港湾荷役会社などを脅すのはともあれ日常で行われていて、
D滑走路恐喝事件が未遂で終わったのは、鹿島建設に金がなかったのでしょう。
集団で財布をスり盗ったら、中身がないか落ちない約束手形ばかりだった。
そして引っ込みがつかなくなってさわぐしかない。
おおざっぱのいうとこんな感じでは。

続きます。 

後藤忠正とTOC制裁 その2

許永中、大久保隆(小沢一郎秘書)、池口恵観
こういう関係性はシリアのアサド大統領にまで行き着く。

40d6a0e6.g

ife_bor
kni_bor

U.S. Department of the Treasury Banner

 

Sanctions List Search

 
This Sanctions List Search application ("Sanctions List Search") is designed to facilitate the use of the Specially Designated Nationals and Blocked Persons list ("SDN List") and all other non-SDN lists, including the Foreign Sanctions Evaders List, the Non-SDN Iran Sanctions Act List, the Part 561 list, the Sectoral Sanctions Identifications List and the Non-SDN Palestinian Legislative Council List. Given the number of lists that now reside in the Sanctions List Search tool, it is strongly recommended that users pay close attention to the program codes associated with each returned record. These program codes indicate how a true hit on a returned value should be treated. The Sanctions List Search tool uses approximate string matching to identify possible matches between word or character strings as entered into Sanctions List Search, and any name or name component as it appears on the SDN List and/or the various non-SDN lists. Sanctions List Search has a slider-bar that may be used to set a threshold (i.e., a confidence rating) for the closeness of any potential match returned as a result of a user's search. Sanctions List Search will detect certain misspellings or other incorrectly entered text, and will return near, or proximate, matches, based on the confidence rating set by the user via the slider-bar. OFAC does not provide recommendations with regard to the appropriateness of any specific confidence rating. Sanctions List Search is one tool offered to assist users in utilizing the SDN List and/or the various non-SDN lists; use of Sanctions List Search is not a substitute for undertaking appropriate due diligence. The use of Sanctions List Search does not limit any criminal or civil liability for any act undertaken as a result of, or in reliance on, such use.
 
Download the SDN ListVisit The OFAC Website
 
Download the Consolidated Non-SDN ListProgram Code Key
Details:
Type:IndividualList:SDN
Last Name:ILYUMZHINOVProgram:SYRIA
First Name:Kirsan NikolayevichNationality:
Title:Citizenship:
Date of Birth:05 Apr 1962Remarks:(Linked To: MAYALEH, Adib; Linked To: RIDA, Batoul)
Place of Birth:Elista, Republic of Kalmykia, Russia

Aliases:
TypeCategoryName
a.k.a.strongILYUMZHINOV, Kirsan

後藤忠正はカンボジアにいるとされていますが、最近タイの病院で治療を受けていたという信頼すべき情報がある。
後藤忠正が引退時に持ち出したといわれる、50億円以上の金はどこにあるのでしょう。
後藤関係者が金を持ち込んで日本で売却して消費税分の利益を得ているという話もある。
この連邦政府のTOC対象者指定は後藤忠正の経済活動の周辺者にまで大きい影響を事実上与えるでしょう。

後藤は2001年頃アメリカで肝臓移植を受けたという。
そうであるなら、連邦政府と何らかの取引があったでしょう。
山口組を除籍された後藤が、いまさらながらに、極心連合橋本と同様にTOC認定される。
後藤はやはり現在もヤクザでありました。

真珠宮ビルはじめ芸能界への影響も絶対にあるでしょう。

続く 

後藤忠正(忠政)がTOC制裁されたことを考えたい。その1

ある検索エンジンで、自分の名前を検索すると、以下の結果がでてくる。
Your search has not returned any results.
(よかった v( ̄∇ ̄)v)
その検索エンジンは
Specially Designated Nationals List (SDN)のリストの中身を検索するもので、
​​
クリック ↑

連邦政府財務省の指定する、TOC認定組織個人国家のリストです。
米国の財務省外国資産管理室(OFAC)の指定する規制はいわゆるアメリカ人が対象ですが、

三菱東京UFJ銀行さんがきわめてわかりやすく規制の中身を説明してくれています。
(参考URL http://www.bk.mufg.jp/tsukau/kaigai/soukin/OFAC_ryui.html)
その一部を引用させていただく。

【米国人・米国金融機関を含む米国法人のほか、米国内に所在する外国人・外国法人に適用され、主に、米国で決済される米ドル建取引が、規制の適用を受けます。本邦でお受付する外国為替取引であっても、「制裁対象者」の関与する米ドル建取引等は規制対象となり、お客さまの取引が規制に該当した場合、海外の銀行からお取引を制限されるなど、その後のお取引にも支障が生じる可能性があります。】

日本の暴対法はアメリカのRICO法を参考にしたのでしょうか。
「反社」認定がわかりにくく、「暴力団フロント弁護士」が訴訟の相手方を「反社」と決めつけて、
弁護士バッチの主張が通ったり、「暴力団フロント不動産屋」が競争相手を反社として警察に排除させたり、
していて、わかりにくいことこの上ない。
(神戸山口組のバッチでもつけたらどうかとさえ思います。)
櫻井成という著名な地上げ屋は、みずほインベスター証券から取引口座を解約されて、
暴力団と関係していないという誓約書を口座開設時に出させない古い取引関係時代からの取引なので
「自分のどこが反社であるかと」証券会社を訴えました。
ところが天野組や飛鳥会の「寄り」などに定期的に参加しているなど、密接な関係性というか、
天野組組員同然の姿を思い切り立証されて、判決は「グリグリ反社」とでました。

四条畷地上げ事件(シンガポール、テマセク社が5億円を出資した事件)
19-1
22

newspaper


20120104-5

で38口径回転式拳銃で4発の弾丸を受けて重体になった不動産屋さんの刑事事件記録に天野組長とのコラボをしっかり複数の供述でされているわけで、
反社以上暴力団組員同然でしょう。
それでもアトリウムなどから数十億という融資を受けて地上げを続けていたのですからすごいな~とおもうわけです。
みずほインベスター証券が口座を解約させるタイミングを逃しただけでしょう。
制度の中身を担保する行政がないのであります。
過激派を20年以上にわたりしっかり調査した公安警察にたいするいろいろな評価はある。
しかし、過激派といわれる個々人を公正にみていた姿勢は立派でありました。
反社以上の弁護士を守る弁護士会というものが存在する以上暴対法は民暴弁護士の暴力装置といわざる得ない。

アメリカはこういう場合情報公開とそれに対する差し止め訴訟保証をして行政的情報公開をする。
こういう連邦政府リストに載せられると、世界的な反社認定でありまして、某宗教過激派と同じ扱いにされるわけです。
https://www.treasury.gov/press-center/press-releases/Pages/jl0296.aspx

U.S. Department of the Treasury Banner

 

Sanctions List Search

 
This Sanctions List Search application ("Sanctions List Search") is designed to facilitate the use of the Specially Designated Nationals and Blocked Persons list ("SDN List") and all other non-SDN lists, including the Foreign Sanctions Evaders List, the Non-SDN Iran Sanctions Act List, the Part 561 list, the Sectoral Sanctions Identifications List and the Non-SDN Palestinian Legislative Council List. Given the number of lists that now reside in the Sanctions List Search tool, it is strongly recommended that users pay close attention to the program codes associated with each returned record. These program codes indicate how a true hit on a returned value should be treated. The Sanctions List Search tool uses approximate string matching to identify possible matches between word or character strings as entered into Sanctions List Search, and any name or name component as it appears on the SDN List and/or the various non-SDN lists. Sanctions List Search has a slider-bar that may be used to set a threshold (i.e., a confidence rating) for the closeness of any potential match returned as a result of a user's search. Sanctions List Search will detect certain misspellings or other incorrectly entered text, and will return near, or proximate, matches, based on the confidence rating set by the user via the slider-bar. OFAC does not provide recommendations with regard to the appropriateness of any specific confidence rating. Sanctions List Search is one tool offered to assist users in utilizing the SDN List and/or the various non-SDN lists; use of Sanctions List Search is not a substitute for undertaking appropriate due diligence. The use of Sanctions List Search does not limit any criminal or civil liability for any act undertaken as a result of, or in reliance on, such use.
 
Download the SDN ListVisit The OFAC Website
 
Download the Consolidated Non-SDN ListProgram Code Key
Details:
Type:IndividualList:SDN
Last Name:GOTOProgram:TCO
First Name:TadamasaNationality:
Title:Citizenship:Cambodia
Date of Birth:16 Sep 1942Remarks:(Linked To: YAKUZA)
Place of Birth:Tokyo, Japan

Aliases:
TypeCategoryName
a.k.a.weakCHUEI
a.k.a.strongGOTOU, Chyuei
a.k.a.weakOKNHA, Chuei
a.k.a.weakAJA, Chuei

Addresses:
AddressCityState/ProvincePostal CodeCountry
Cambodia



https://www.treasury.gov/resource-center/sanctions/OFAC-Enforcement/Pages/20151209.aspx

今なぜなのか、?
ギャラリー
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • YAHOOから架空請求(ヤフーサポートセンター)
  • 鉄鋼摩擦と韓国。そして韓国の大統領。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。
  • 森友学園と政局と北朝鮮問題。