MS blog

私小説的体験ブログ。

金東伯とか、いろいろ。

金正男がマレーの飛行場、KLIAで殺された。
すると、金東伯に注目が行く。 それはマスコミ的には自然です。
金東伯の出身地とかはまったくわからない。
しかし、この人も日本で教育を受けて、大学くらい出ている可能性がある。
その履歴とかをある部分知っている人がいるわけです。
だが、そういうことが今重要ではないと思う。
この人物が金正男の護衛だとか、色々取りざたされていますが、
ある意味、在日朝鮮人の生き方の典型であるといえないこともない。
金東伯のなじみの人で、まったく関わらずに正業で生き抜く人もいるし、
川崎横浜千葉という地域性の中でヤクザフロントをやっている人もいるでしょう。
ある種の社会から見たら、この人物を英組とか金正男とかそういう接点でしか見えないと
思う。
しかしです、どういう世界にいても生きるには金が要ります。
その生活内容次第ですが、
ともかく、ホテルのコーヒーハウスとか白金のステーキハウスに毎日顔を出して、
そこで飯を食い、夜は赤坂で飲んで帰るのが日常の人もいる。
そう言う人は、一月10万弱で生活出来ると考えられない。(相当シビアですが。)
赤坂のホテルのコーヒーハウスに毎日行けば、最低5000円は必要でしょう。
(コーヒー代が2000円はするでしょう。ホテルニュージャパンでもオークラでも
そう言う人はいた。40年前、ニュージャパンのコーヒーは1000円以上でした。)
こういうコマイはなしが、地上屋の世界を考えるときに重要でして、
たとえば、以下の人は一月最低いくら必要でしょうか。
10294968_1376501332635836_2726425553818144113_o

金があろうがなかろうが、毎日必ず必要な金は使う。
それは住居費含めて120万は必要でしょう。
松方弘樹は死んでも何も残さない。それでも死ぬ直前まで毎月の経費は数百万なのです。
こういう人たちの経済と金の流れは私ごときにわかるはずなく、
わかるようになったらある意味終了です。
そういうわけで、金に窮すればコカインは当然に売る。
シャブも売る。ついでに吸引する。元気付けないと仕事が出来ない。
キャバクラに土方が行く。そこでスカウトされているのです。
韓クラキャバクラ、ぎりぎりでも身銭を切ってゆくうちは問題ない。

金東伯は人脈作りと仕事作りに優れていた人でしょう。
基本的には裏世界の仕事マネージャーでしょう。
その舞台が国際的ではあります。

単純に不動産業仲介とか競売相談とかをやっている者には金東伯もピーポ君も
大同小異です。

1 若いとき(未成年で)に大成功する。
芸能人に多いですね。
でもそういう才能ある人の多くは行方不明になったり、大田区でカラオケ屋を
やっていたりする。
そう言う人は人並み以上の才能と努力もするのですが、
基本的に社会の仕組みと合わなくなっっていて、社会から脱落する。
そういう人が、外国に行って極めて少数が成功するがほとんどが脱落して行方が知れない。
また日本にいればヤクザ屋さんになる。
そういうことがやりきれない人が、ステーキハウスに集合して毎日セットアップの
ネタを自然に探している。
羽賀研二とかを研究するとわかるらしい。
あと一年ほどで沖縄の国営宿舎から戻ってくるようです。

2 金東伯とか同業者は。
年を取ると、
じつは仕事を縮小して普通に暮らしたいのですが、そういうことは業界が許さない。
高知東生はアホのようなことで逮捕されていますが、
その動機以前に環境を考えると、上手にそういう仕事環境をセットアップされて
いるわけです。
芸能界というのは、そう言う社会であります。

3 金東伯とかJ金田がいい年をして眼前に登場するとき偶然はあり得ない。
そういう事があるときはまず遠くにいて関わらないか、
先回りして調べてみる。そういう事が必要です。疲れますが。
こういう人物は毎日の生活があるラインに乗っている、それを気づいていない人もいる。
高知東生はシャブを自分の意思で売っていると思っているが、そういうラインに
のせられている。警察に踏み込まれて、護送されるパトカーの中で初めて気づいたと思う。
自分が動かしていると思っていても、動かされていたりする。
及川幹雄とその仲間も同じです。被害者とか含めて。

4 森友学園で騒いでいるのは民進党ですが、安倍政権が続くと干上がる自民内部にも
民進党応援団がいるものであります。

このような、基本的常識(思い込みでしょうか)を前提にして、
初めて金正男殺人事件がわかる気がする。

5 新橋4丁目失踪事件は日本で起きている凶悪事件。金正男はどうでもいい。
新橋4丁目と京都と福岡とマニラと繋がれば金正男も考える必要がある。
マニラあたりで充分でしょう。

続く。

ポジショントークは当たり前だが、それが強迫観念とか、

ポジショントークを続けながら生きるのが人間というものと思っております。
そういう人間の性を見つめてゆくと、人間性悪説という現実重視指向から、
英米法は作られている、と思うわけです。
そういう人間観から英米法人権概念が生まれて、アメリカではミランダ原則とか、
イギリスゆかりの適正手続き概念とかがでてくる。
警察が令状なしに被疑者の車にGPSをつけて追跡する実例を知っている。
組対三課事件で川口のヤクザフロントと福島のヤクザが対象でした。
最近、その捜査方法が違法と最高裁判決が出たとか。
それは、あまりにも当然で、捜査側が別に困ることはない。
これからそういう捜査の場合は令状をドンドン出させれば良い。
それだけなのであります。
原則は曲げられないことがある。「反社」だから令状が要らない、令状を出すではなく、
こういう「この人はこのような反社会的行為行動原理を持つから」令状出してくれと
請求すれば良い。それには手間がかかるが、そういうことを常日頃研究するのが
ヤクザ担当警察の仕事ですね。
公安警察過去三〇年以上の仕事を見習えば良いだけ。

1 ポジショントークは当たり前だが、それが強迫観念とか、別の悪意(つまり有形悪意)
を背景に持つ場合を検討する。
ポジショントークが強迫観念の発露で有り、それがいかなる合理的説明説得でも
訂正不可能な強迫観念の発露の場合は、そのポジショントーク者はいわゆる異常者で
あります。基地外とネットでは言う。
さらに、ポジショントークの背後にある政治目的経済目的等があって、
相手にレッテルを貼りしかる後に攻撃しようとする場合もある。

2 森友学園情報元はTweetだった。
トランプ大統領も在来マスコミをつかうことなく同じ効果を得ている。
フィリピンでSMS(携帯ショートメール)が瞬時に携帯で伝言されて、政治や選挙に
影響を与えている。
時代でありまして、そういう発信者(ジャーナリズム)が出てきたのであります。
イメージ 2
この自己紹介は菅野氏自らが公開していることで、どうじにこの菅野ツイート内で
安倍首相夫人の事なども公開されているので、こういうことを引用されても
合理的に仕方がないのであります。ちなみにその一部を公開する。
C6wfCIyVsAAW5l4
7wFvET-Z

訴訟記録などから、色々考察するのは、私も行っておりまして、
裁判傍聴とか記録閲覧とか頑張っておるつもりです。
まあ限界はある。みずほ銀行事件というのが起きた。
その関係者を一〇年前くらいからしっている。
だから裁判傍聴しようという気にもなる。こういうのは例外的、デモ事実です。
でもマスコミがそういう取材をドンドンされているなら、新聞も取る、
テレビ受信料も払う、前提としてテレビも買う。こういうことですね。
でもそういう取材がないから、Tweetに価値があると言うことです。
その菅野氏公開準備署面に「稲田照美」名が出ている。
事件番号も出ている。どういう抵当権抹消請求かマスコミは調べた方が良いですが、
調べるわけない。訴訟記録見ても評価が出来ないですし、垂れ流し報道の対象に
ならない。
どういう訴訟であれ、弁護士は弁護が仕事、ポジショントーク作成の専門家でして、
責任は本人に行くから、稲田弁護士の弁護受任に基本的に瑕疵がない。
これ原則で、例外的だというマスコミがあるならその取材立証をすれば良い。
でもそういう努力と能力ないから、稲田弁護士に問題はない。
こういうことですね。
そして、総理夫人一〇〇万の送金記録。
この記録が事実とする。総理夫人は金をくれてやっている。
これは貰ったのと違います。
そして、金のやりとりは複式簿記で追える。
総理夫人が金を送金したのなら、その事実と理由が総理夫人帳簿(記憶)にある。
一方の森友学園側の入金記録があるのか。
なければ送金事実がないことになり、誰かが噓をついている。
森友学園に入金記録があるのであれば、
その入金が何所の勘定科目にあるかもわかる。
入金を帳簿に付けていなければ、それが大問題になり得る。

いやはや、籠池証人喚問という事態になった。
ところで、日本共産党機関誌新聞赤旗。
98120176

9c7a083f

https://news.yahoo.co.jp/byline/suganotamotsu/20170317-00068806/

これは菅野Tweetがネタ元なのでしょうか。

「安倍総理から森友学園への寄付・・が明らかになった」という記述は根拠不十分であり、蓮舫代表の記者会見での実際の発言とも異なるものでした。誤解を招く表現となったことを深くおわびし、この部分を取り消します。



民進党も訂正している。これらは証人喚問決定後であります。

さて、自民党側はこの一〇〇万について籠池に聞く。
事実がないか、勘定科目に齟齬ある、さらに一〇〇万の金の流れ
こういう事は、わかります、立証されます。
そういうことが野党に都合が悪いと、
いままで、アベッチ攻撃していたことが、単なる因縁とわかる。
大阪民国伝統世渡り。
そうなったら困ると予測していたら、
共産党も民進党も事実誤認を認めるわな。
これは籠池砂地獄に嵌まったのは誰だかわかんないですな。

3 こういう「有形悪意」報道は原本不実記載罪と同じ構造を持つわけです。

森友えんがちょ⇒安倍えんがちょ
こういうことを言うのはえんがちょな輩なのであります。
遠回しに皮肉を言うのが佐賀県人。
事実が出ているのに騒ぎ続けるのが大阪民国。

4 脅迫的妄想が報道や裁判を利用する。
及川幹雄は有名人で某政治屋事務所にも出入りしていて、
プクプクに太っていました。
ダウンロード (26)ダウンロード (27)
役員になる人物としてもてはやされていた。
ところが裁判所でみた及川はスマート(痩せこけていた)でしょぼかった。
六本木キャバクラ豪遊時の勢いはない。
この及川幹雄は陳述書をたくさん書いている。
アクセスvs週刊報道サイト仮処分事件でも陳述書を出していたようです。
(採用されていないが、アクセス報道内にあります。)
及川幹雄さんは、刑事事件で安い和解金を示して刑を軽くしようとして、
裁判所でわずかに減刑された。
二億くらい払えば実刑期間くらい減刑された計算になる。
つまり被害全額弁償すれば執行猶予と言うこと。
及川幹雄さんは事件発覚前後から裁判中にかけて
彼方此方の事務所にゆき、さまざま人物にあい、自分の刑事裁判所では
和やかにみずほ銀行広報や鈴木卒務氏と歓談していた。
実刑判決目前だからポジショントークに励むわけです。
当然です。こういうことをとりあえず認めるのが人権意識で、
そのポジショントークが社会に通じるかは別であります。

この及川幹雄は告訴されたから刑事被告人になったのであります。
その告訴者は及川幹雄に金を融資して、相当な金利を得る目的があった。
及川から貸し金を取り返そうにも及川一文無しなので、
銀行に責任を取らせようとする。
誰もが考える法文は民法七〇九条です。
それでは負けているのです。(及川&みずほ銀行民事被告事件は多数ある)
その中で、三つの事件に可能性があった。
①本人にしか知り得ない秘密を持っている集団訴訟。
②及川&みずほ銀行コンビ以前に三重の土建屋を被告にしている訴訟。
③使用者責任は問えないと割り切った訴訟。
これらは事実というところで他と違うところがある。
みなさん裁判は事実が基本。それも原告被告裁判所が検討した事実です。
だから、高裁で検討していない出ていない事実を基本に判決出すと
最高裁で破棄自判される。そういう状況を作るのも弁護士の腕です。(老獪という)。

裁判所で本名を取りざたされるのは、訴訟当事者になるからでして、
及川幹雄を刑事告訴した本人が名前を報道されたくないというのは、
頭から無理な願望です。性犯罪は別論。
さらにその本人が自分の事件をポジション的に週刊文春に書かせたり、
共有物買い取り被害ということで週刊報道サイトに書かせたり、
そういうことをしていて、裁判記録で公開されている陳述を消せというのは無理です。
そういうことはブログ大家が一度判定している。
それでも、〇〇をXとしてあげても、傷ついたという。
そういうことは、精神科でいやして貰うべき。
誇大妄想マザコンシンドリュームと診断されてクスリくれるかも。
まあ、春ですから、登記所でも大家が電波送信機を柱に埋め込んだとか、
そういう訴えをしに来る客が増える。
裁判の判決は裁判官が書く。
及川幹雄は懲役七年。オッ君の店で豪遊したじゃないですか。
裁判所が自分の都合で動くとは限らない。
それでも、最高裁で勝っている。分割訴訟に被告が増えた。
よかった裁判がまたふえる。

心配するなお前のことじゃないよ。

妄想でした。森友学園と同じ。
 

エンガチョ君籠池泰典国会で証人喚問。

大阪民国マスコミと大阪方面から点火された森友学園疑惑。
23日に国会が籠池氏を証人として呼ぶ段取りとなりました。
籠池氏に質問するのは与党側もであります。
①籠池氏が証人として出頭するか。
②宣誓して、偽証罪という刑事法の前で証言するか。
この段階で証言拒否もできる。拒否されたら、騒ぎは一体何なんだとなる。
③籠池は主観的な真実を話したとする。
そういう場合、その籠池証言と違う事実が出てきたら、この騒ぎはどうなる。
④籠池がまたべつの話を始めたりする。
これまたどうなる。

この証人喚問で安部政権が倒れなかったとき、民進党蓮舫代表へのスキャンダルが
どう展開するか。
マスコミが騒いだことが、逆効果になることはあり得る。
でも、マサカの坂もあり得ます。
ともかく証人喚問どんどこどんとやられたらいいのでは。
安部政権を続けさせたくないのは与党にも必ずいる。
人事と利権があるところに争いは必ず起きる。
ただ、アキエ夫人が学園に寄付したとして、学園からもらっていないのなら、
問題にすること自体がおかしい話と思う。
これは悪質な北朝鮮のプロパガンダ工作でしょう。
しかし、籠池泰典氏がどういうかたかはしりませんが、
すでにして人権侵害でしょう。
茄子か韓クラ回し蹴り誹謗中傷と同じ、人権は認めない俺が決めるということです。

1 北朝鮮送金をするには金がかかる。
その金を調達する部隊が、朝鮮総連学習組です。
許宗萬責任副議長により組織されたといっていい。
緒方弁護士(元高検検事長)が、総連会館の大使館機能を残すため、
詐欺を働いたと弁明していた。
その弁明の裏で私腹も肥やしていた。
元公安調査庁長官であるからこそ、
朝鮮総連が許宗萬責任副議長時代に北朝鮮対外工作組織の一つになったわけであり、
北朝鮮外交戦略の一部ということは知悉していたはずだ。
朝鮮総連会館や朝鮮奨学会は許宗萬により担保に入れられRCCに取り立てを
食らっていたが、総連本部がなくなっても他に移転もできるが、
それは本国が許すわけもない。
ヤクザ銀行と同じで、金は責任副議長がなんとかすればいいだけなのである。
それができないとどうなるかは通常の感覚ではわからない。
そこで、表参道ビル地上げで詐欺が二件行われて、一件立件された。
これが二瓶絵夢の表参道詐欺事件である。
総連関係経済活動主体として有名な主体が複数というか相当数ある。
不動産詐欺を常習とする組織もある。これらは周知のことであるが、
報道されないので、一般は知らない。
横浜南区のマンションなどは地面師ウオッチャーが見続けていた物件。
その物件の真ん前で高知東生がシャブコカインで捕まる。
使用で逮捕であるが、売っていたわけであり、横浜大通公園という地域は
そういうビジネスの秋葉原なのである。
森友学園事件がなぜ騒がれるようになったかはよくわからない。
それくらい焦点が定まらない事件である。
まず、森友学園エンガチョ「反社」ときめつけ、
次に安部首相関与疑惑を囃し立てて、政権追及のプロパガンダに励んだ。
ところが、事態は思うようにゆかず大阪民国問題となっている。
民進党という組織は実際のところ北朝鮮隠れ政党と考えればわかりやすいだろう。
南チョソンの中にも北朝鮮は食い込んでいる。
朴クネ政権をいまさらに忖度する向きがあるが、
南チョソンはロッテ財閥やサムソン解体がなされているわけで、
すでに北チョソンの対抗軸としてもみなされていない。
韓国通貨危機は必ず来るのであって、それを救済しても意味ないから、
放置されて半島情勢再構成まで上下チョソンの混乱は続くだろう。
であるからこそ、日本国内でも学習組(シールズ沖縄?シバキ隊)が活発化する。

2 金東伯がマニラから逃亡できた理由。
g4155

金東伯とMとJKがセットアップをしてパロパロハポネスから金を奪ていたのが
35年以上前。
嵌められた北海道の寺の息子の父親が、父権を行使して、警察に通報。
Mは逮捕され、金東伯は逃亡。不思議といっている者がいたが、
それは金東伯に捜査を教えるものがいたと考えればわかる。
北海道の父親の動きが日本から伝えられたのであろう。
たとえば4人の出資金詐欺師がいて、三人逮捕されたのは、一人がチンコロしたからで、
一人は助かるために同業を売るのである。ヤクザも同じ。
三人のうち一人が執行猶予になるのは弁護士の違いと金の使い方である。
マニラも同じであって、Mは放置され捕まる。こういう世界のお約束である。
ただ、見逃されるものも、
あまりにも国際的に看過できないこと(拳銃大量密輸とシャブ密輸、供給元は
靴が買いたいらしい)をすると
他国内にいても、日本警察が誘拐したりする。
金正男暗殺事件も同じである。(仕事をさせていたが他組織と通じると殺す、お約束)
知りすぎる者(証人となりえるインサイダー側の人物)は殺される危険は常にある。
スワット事件しかり、そして矮小な事件であるが新橋4丁目失踪事件もその一つであろう。

誰が最初に口をきるか、割るか?。

3 金正男暗殺事件と同じで尖兵の道具として使われる人物もいるだろう。


10294968_1376501332635836_2726425553818144113_otransformed

que-1464727079


ギャラリー
  • 滝澤孝山口組芳菱会会長に有罪判決:大阪地裁。
  • 松井府知事マスコミ忖度を批判。
  • 松井府知事マスコミ忖度を批判。
  • 松井府知事マスコミ忖度を批判。
  • 辻元清美、飴をなめると、やめられないとまらない。
  • 辻元清美、飴をなめると、やめられないとまらない。
  • 辻元清美、飴をなめると、やめられないとまらない。
  • 籠池と北朝鮮
  • 物言えば唇寒し、、唇破けて歯が、、、内外呼応する。