みずほ銀行詐欺事件・及川幹雄被告が陳述した、「週刊報道サイト」佐藤昇氏の正体(2)

上記山岡氏記事クリック

さて、及川幹雄氏の「陳述書」の続きですが、一部引用して空欄を埋めてみます。

 
私は●●さんの資金を含めて、佐藤昇に1億2400万円を拠出したのですが、佐藤の予想に反し、「サハダイヤ」株価は下落する一方でした。●●さんへの元本返済などに対応するため、私は佐藤に解約申出をしたのですが、必ず再上昇するなどと応じてもらえず、資金繰りが逼迫してしまいました。
 
中略

不動産ブローカーであり、マスコミを利用する事件屋である「●●●●●」「大津洋三郎」なる人物と「週刊文春」記者を名乗る「●●」「中西」なる人物と佐藤昇が連携した恐喝を受けました。
 平成23年12月頃から、●●新聞社「国際新聞社」という右翼系ブラックジャーナルと、現在、佐藤昇が主宰する「週刊報道サイト」というブラックジャーナルから、私の関係先に対して、取材申込や内容証明郵便送付が頻繁にありました。
これは、一連の刑事調べで、その関係先の方の供述調書(平成27年2月16日付)でも明白です。

さて、おおくの陳述というのはポジショントークでありまして、その陳述が証拠に昇華するには
複数の補強証拠が必要です。
ここで、山岡氏報道内での及川幹雄氏陳述のある部分の補強証拠(間接事実)を考えてみたい。

RIMG0078
グランドトラスト
銀七ビル
さてピーポ君預かりの銀七ビルであります。
このビル内に大津洋三郎とかS会関係とか入居しているのですが、東洋不動産はご存じでしょうか、
横井英樹の会社です。
この会社のオーナー横井邦彦(横井英樹長男)は首つり自殺しました。大津洋三郎を頼り金を踏み倒され会社をとられたからです。
この東洋不動産が池上の東洋ボールオーナー。
大津は東洋ボール競落人アイチを嵌めています。(競売妨害。魔術)
大津洋三郎は富士薬品の金を使い、横井英樹次男の会社が関与する、大井松田の土地も
競売妨害をして巻き上げようとしていた。
(AAA社利用つまり水心会,伊藤一長長崎市長銃殺団体。)
この表札にある、(株)グランドトラストでありますが、この会社は財形投資顧問であります。
もともと西田春夫の会社でありました。
西田春夫筆頭に、大橋富重(河野一郎集金装置、国会喚問をされている大物事件師)、
大津洋三郎親子、井原弘(横井邦彦同級生)、中西昭彦。そして極めつけに
南丘喜八郎監査役(村上正邦ブレーン、元ラジオ関東常務、月刊日本発行)と役員に名を連ねる。
大橋富重横井英樹そして永代信用組合
山屋八万雄とトリオなのであります。
大津洋三郎は大橋富重が永代信用組合に入れ込んだ仕事師です。
銀座パールビルに後順位で抵当権を打ち、数億も回収不能になる信用組合という銀行があったわけです、異常です。仕事師に金を投げる倒産寸前の金融機関のトップは山屋理事長の息子でした。
横井英樹は白木屋事件とかで有名です。その資金作りで蜂須賀家を嵌め安藤昇配下に銃撃された。横井英樹東洋不動産は創業本店所在地は大橋富重私邸があった柿の木坂でありまして、
大橋富重配下仕事師が横井英樹です。
この会社の代表に及川幹雄が就任した。
サハダイアモンド株投資していた及川陳述と符合しますね。
サハダイアモンドとくると、東邦グローバルでありまして、久間章元防衛大臣であります。
これって周知です。
そうすると以下の写真の事実が間接事実となるわけです。

参考記事クリック 

登記が語る、みずほ銀行及川幹雄と大津洋三郎


大津洋三郎が他人の名前を騙って金を取り続けながら刑事権力が動かないのは、
刑事権力を止める奴がいるからでしょうか。
止めるのは後藤忠政でしょうか。
後藤忠政に金を借りている政治家でしょうか。
(後藤さん、日本を出たのだから、帰ってくるなんて、アジャがパーです。)

「組織暴力団が銀行に刺さる」こういう言葉がある。
銀行を型に嵌める。
型嵌を意図する暴力団と考えてみる。

関東流のやり方と関西流がある。関西八幡商事大村幹雄が宅見氏を東京に導いた。
大村さんタイでなくなったとか、宅見氏石井氏大村氏みなさん亡くなったわけです。
ピーポ君は債権者が亡くなり喜んでいるかどうかはわからない。
ピーポ君とビジネスすると殺されたりする人が多いです。静間さんも頑張ってもらいたい。


そうすると、山岡vs佐藤昇は抗争事件なのか。山岡さん報道が続くか注目です。


fef83a1c
後藤忠政と村上正邦

久間
b6217d6e
後藤さんと村上さんと久間章さん。
dbbeed65
空手ですよ。みなさん。ピーポピーポ

ダウンロード (1)

ダウンロード (2)


hqdefault
 
1
2
3
4
5
6





グランドトラスト謄本

 久間章は許永中の秘書でありました。

許永中

永田町異聞 byクレイジーパパ

久間元防衛相 疑惑の構図

政治家として大物になるにはカネがいる、というわけで、昔から裏社会の資金ルートと政治家の結びつきのウワサはたえない。

戦後最大級の経済不正経理事件・イトマン事件で逮捕された、フィクサー、許永中は、竹下登氏、中尾栄一氏ら多くの有力政治家との関係がささやかれていた。現役政治家では亀井静香氏らの名前もあがっていた。

そして、もう一人、忘れてはならないのが、元防衛相、久間章生氏である。

久間氏は許永中の関連企業、大阪国際フェリーの社長を1986年までつとめた。大阪―釜山を結ぶ航路で、朝鮮半島への資金運搬船といわれた。事務所をこの会社内に置いていたこともあるという。

もっとも、これはかなり昔の話である。いまの久間氏になんらやましいことはない、と思いたい。

ところが、かねてから防衛省関係者が懸念していたコトがとうとう、その一端をのぞかせた。

久間氏が昨年12月、防衛専門商社「山田洋行」の元専務、宮崎元伸氏から赤坂の高級スッポン料亭で、飲食接待を受けていたという。「防衛庁長官就任祝い」と、山田洋行から独立した宮崎氏の「日本ミライズ」設立挨拶がその名目だった。

一人3~4万円の料金というから、目くじらを立てるほどでもないが、守屋前防衛事務次官への接待攻勢や不正経理で地検特捜部に目をつけられている人物との親密交際は、やっぱり具合が悪い。しかも、関係業者からの接待は大臣規範に抵触するのである。

山田洋行と日本ミライズがGE製エンジンの納入をめぐって訴訟沙汰になっているのはご存知の通り(10/20当ブログ参照)。GEが、エンジン納入の代理店として、山田洋行から日本ミライズに指名変更したことが争いの引き金になった。

宮崎氏が山田洋行米国現地法人の不正経理などにより捻出した資金で、各方面に日本ミライズへの支援を要請する接待攻勢をかけたとみられている。守屋氏のみならず、久間氏に関しても、さらなる調査が必要だろう。

ここに気になる人物がもう一人いる。社団法人「日米平和・文化交流協会」の常勤理事・秋山直紀氏である。

額賀福志郎、中谷元、石破茂、前原誠司ら有名政治家や元防衛事務次官、佐藤謙氏らが理事に名を連ねる外務省所管のこの団体は文化交流講演会や研究会、セミナーの開催などを事業とするようだ。

外務省所管の公益法人というのは、名称にやたらと文化や交流や振興や国際といった言葉が並ぶ団体が多い。

秋山氏は「日米平和・文化交流協会」で日常どんなことをしているのかはよくわからない。ただ、久間氏が防衛大臣として訪米したさい、同行して精力的になんらかの商談をしていたのは確かなようである。

日本の兵器産業の代表格といえば、三菱重工だが、秋山氏はこの会社とのつながりも指摘されたことがあった。そして、秋山氏と山田洋行もかなり密接な関係にあったとみられている。政治家でも業者そのものでもない。顔が利き、交渉上手で、大きな商談をまとめる仲介者とでもいうべき存在なのかもしれない。

さて、久間氏のような自民党系の大物政治家は、たいがい利権漁りの知恵に長けており、捜査当局からにらまれないよう細心の注意を払うものだ。そうした意味では久間氏はやや脇が甘い。失言が多いのもその一つのあらわれだろうか。

防衛官僚に国民が委ねた5兆円もの防衛費に群がる政治家、業者、ブローカー等。そうした面々を相手に巨額のカネを動かす官僚が一般人と違う感覚を持つのは不思議ではない。

守屋・久間疑惑は予想以上の事件に発展する可能性を秘めている。東京地検特捜部に防衛利権の深層に潜む巨悪を暴き出してもらいたい。