業界用語というものは、経済行為の実態がありそれを言語化したものである、と言ってみる。
不動産詐欺業界で、「繭物物件」とは所有者のいない物件。地権者を殺して、成りすましが不動産地権者として不動産を売り払う場合。
遠藤ウメさん物件はその一種でしょう。この変化系に地権者の婆さんが海外旅行に長期行っていて
その隙を狙って田園調布の豪邸を五反田のプロの不動産屋に売り払う手口もある。
天ぷら婆さん手口ですが、物件としては繭です。
持ち出し物件とは家族の一部が父親の権利書を持ち出して家を売り払い、あとから民事訴訟で
父親がその家を取り戻すという事例です。
これは隠れた共謀があって、訴訟利用の詐欺でして結構ある。八王子方面で頻発した時期が合った。
相続物件の場合もこういう問題が起きます。いわゆる「相続と登記」ですな。
かならずしも違法ではないが、共有物分割競売まで視野に入れて仕事をうつヤクザも入る。
ここらへんから高度な地面師業界がはじまるわけです。
最近の地面師業界はローンダリングが重要であります。
遠藤ウメさん事件とか、保証書利用の不動産詐欺事件では、露見するし露見したときに実行者等が捕まる。
そこで露見することを前提に仕組みを組むようになる。
そういう実態を報道されているブログが以下の物。(クリック)

地面師の犯罪 背後の金主と反社の摘発を – 鎌倉九郎

このブログにあるように、地面師業界は分業化され資金調達から売却まで詐欺犯罪が細分化されてきている。
「遠藤ウメ事件」では不動産ブローカー夫婦と不動産屋が、殺人、売却、仲間割れ殺人までやってしまったから、死体が出たらすぐに犯人がわかる。
(捜査は無知な見込み捜査であったが、捜査に真摯な熱意あったからいいとしましょう。学習の能力もあった。)
そこで、地面師も学んで地面師犯罪を分割すれば立件しにくいだろうとなる。
新橋烏森ビルには、書類偽造工場、仕事資金調達業者、仕事師、弁護士、行政書士(書類も偽造する)がすべて存在して、地面師犯罪業界を洗練化させてゆくわけです。
高橋利久は電通ワークス事件で無罪となったが、別の事件で有罪となっているようでして、
とにかく内田某、福田某、仲田某(以上週刊0510報道)らとともに多忙なようです。
某の住居を調べてみると、あまりいい生活はしていない。派手ではあるようですが。
某さんは30年近く、これだけ多額不動産詐欺事件を繰り返して、短期服役をしているのに何故と考えて周りに聴いてみるとヤクザ業界に利益を運んでいる、また運ばざるを得ない実態が容易にわかる。
上一色村国土法違反事件で逮捕された司法書士(G組フロント)が行政書士となって、郵政物件詐欺関係者や魔術師天才と一緒に仕事をしている。
こういう業界実態一部を鎌倉ブログが報道しているわけです。
鎌倉ブログで公尽会がなぜ銀座中央ビルに入居するのだという疑問を持つのは、こういう業界実態を知るものからすると、当然のことでありまして、横浜地裁、千葉地裁、東京地裁と、またお前かという訴訟当事者で満ちあふれているわけです。
一月に15回訴訟期日を抱える人がいるのかです。
(いるわけです。一人の弁護士で15件出来るのかですが、パターンが同じだから起案も訴状も楽かもしれない。書記官はそれが誰かを知っている。某さん専門部を作ればいいと思います。効率的です。)

1 出資金詐欺師が収益金をローンダリングして不動産業とラーメン屋とキャバクラに投資。
こういうのはヤクザ業界の仕事の一部になっている。

2 新橋地区地上げは業界多重構造となっている。
野村不動産やNTT都市開発が地面師を使っているのではない。
中間的にABC不動産とか菱和ライフクリエイトが新橋三丁目木利屋ビルを地上げしたりする。
ぶっちゃけヤクザだから抗争事件をおこして塩漬けになる。
こういうことなんですね。
木利屋ビルの真ん前を永和実業が所有する。地上屋さんの本業ですからありえる。
新橋第一期再開発も最終段階に近づいてきた。
NTT都市開発などがまとめて、三菱地所とかが出てきて都市銀行の長期資金が開発物件について
地上げというのは完成します。箱物を作るゼネコンが長期にわたり陰でだれでも応援する。
極論すると、
地場業者(地面師含む)→都市型再開発とかきれい事を言うジャスダック上場企業とか、→
NTT総合開発→大手ゼネコン経由某一流不動産会社。
やっていることは同じでも、一流不動産会社に管理任せないと、結局大阪難波の風俗街になってしまい、吉本芸人が大物面して歩き回るからダメなのです。
大阪文化は難波でこそ価値がある。(チャ~シバキヘンケ~と顎が言う。)。。。。

3 元田上田と仲田某とくる、するとやばいという経験則。
こういう業界を観察する人の色の付いていない客観的データを重要視すべきです。
データ収集と評価する者は別であった方がいいかもです。
横浜の金主が高橋利久に広島Mに榊原に金を踏み倒されている。
いやどういう仕事に金を投げたかが重要です。
広島Mが東京で仕事をうっているのかです。
高橋利久に金を貸して回収できるわけがない。元から無理です。ではなぜ金を投げたかです。
こういう視点が大事とおもう。

4 新橋4丁目役割分担
CKエージェント、三立とでてくる。三立が大阪という田舎の金融屋から金を引く。
ここで経費を一度清算。
あとはNTT都市開発にわたす登記ローンダリング。
こういう構造でしょう。そう筋読みする。