新橋4丁目ミステリースポットですが、現地古屋には監視カメラが付いている。
監視カメラ付き地上げ現場はやはりミステリアスな事象があるのでしょう。

DSC_0000072

地権者だった?T方住所地を訪ねると表札はあれでもライフラインは相当前に切られたままです。
新橋4丁目元地権者失踪者Tさんの住民票住所地は新橋5丁目でした。
表札には三名の名前がありますが、建物三棟は長期空き家だったようでライフラインはすべてきられています。
DSCDSC_0000066


新橋5丁目土地の一部が駐車場で利用されていて、賃貸管理される方がおられるのでしょう。
その人はTさんの行方をご存じかもしれない。

さて新橋4丁目に戻り、現場には連棟長屋が建っていた。らしい。そしてその底地は地主が別にいる借地もあった模様。こういう複雑に見える狭小物件が地上げの対象としては、良いわけです。
仕入れ原価が抑えられる。ややこしく見える地権者権利を整理する地上げ屋の出番です。
DSC_0000052
(物件西側から一部覗く)
この物件を地上げ(都市型再開発)しようとした業者は見る目はある。
港区新橋4丁目134-10不動産登記(土地全部事項)2016071501862415.PDF
イディアルプロパティーです。
この会社代表がデベロッパーで有名なマンション屋出身です。
仕事の出来る人。西岡進とともに真珠宮ビル原本不実記載で逮捕され無罪になりました。
事件後、物件を手放した。
START.1が物件を譲りうけ、S社はあちこち地上げ現場にでてきてのち倒産。
物件は結局競売に成り、競落されて、K商事経由NTT都市開発に。
ナレッジホールディングも仕事の出来る会社で有名です。
そして、菱和ライフクリエイトが都市型再開発をやっていた。
これは物件を手放しています。
やはり真珠宮ビル事件逮捕余波が響いた。
港区新橋4丁目134-13不動産登記(建物全部事項)2016072710444972.PDF
港区新橋4丁目134-13不動産登記(土地全部事項)2016072710428235.PDF
両社とも真珠宮ビル事件後にこの地上げ現場から撤退。
菱和社の抵当権者がリーマンブラザースです。菱和社はリーマンの金で都市型地上げを有名物件でやっていたわけです。(西新宿とか)。
外資が菱和社使って地上げをした。ここまではともかく、殺人とか、TSKとかトライチとかまずいわけです。リーマン自身は倒産を予期していたはずだから。
白昼強殺疑惑なんて困りますよ、困りますよ。
菱和社が真珠宮ビル殺人に関係あったらまずいでしょうとなる。
真珠宮ビル事件捜査裁判には多くの天の声があったと言われていた。金主がリーマンですか。

その地上げ現場に岡山のウエストが再参入。
ウエストの代表は西岡進です。
DSC_0000049
ただ再参入借地の地主だった人が失踪と言われ始めた。
そういうことは想定内か想定外かはわからない。

1 山岡俊介氏vs佐藤昇氏抗争事件。
これは社会的事件と言って差し支えないでしょう。
「取り屋」ジャーナリズムがあり、それは許容認容されているが何事にも限度がある。
限度を超えているぞと報道サイトが言うのもわかる。
これと新橋4丁目は関係あるのか。(あると考えます)
さて山岡事件で、
みずほ銀行元調査役の発言(乙16号証)があるようですが、
金の趣旨で佐藤昇が及川幹雄を脅したとも取れる。
14000万の金の動きは複式簿記で追える。金の出と入り。
こういうのは、日時と金の出と入りとその趣旨を書くとわかること多です。
これを勘定科目仕訳という。
そして11500万の金の動きもです。
これは14000万の動きの後に動いたらしい金額です。
これは時系列できちんと説明できる。
つまり仕訳勘定をたてれば統一的に金の動きと趣旨がわかる。
佐藤昇氏が及川を脅したかどうかは他の関係で考えて結論づけるべき。
本間吉が500万受取300万返したとか言う話を敬天新聞に持ち込んだ。
その話は、週刊文春の名刺もどきを振り回す、中西、ライオン高橋などが下話をしていたそうな。

伊勢原殺人告白も甘利薩摩報道も週刊報道サイトが先頭を切っていて、
週刊文春中西記者(わたしはそう聴きました本人から)は凄いジャーナリストです。
さて
週刊報道ジャーナルで、深沢正志が平成24年に破門されていると、大津洋三郎への5500万移動に絡めて報道されています。
一部マニアの問い合わせもありますので、
深沢正志京都で逮捕→深沢正志破門→Mプランニング打ち壊し→Mプランニング夜逃げ
こういう流れがあります。

20150212_979132

こういう被害者もいる。この被害者は当時山口組英組組長です。
この張り紙の翌年6代目体制から出されて、最近神戸に再加入とか。
金の流れは物の流れ。人が絡んで経済行為が事件にもなる。

こういう社会事象の中で、山岡俊介氏の情報網と佐藤昇氏の情報網がぶつかることもある。
情報網のぶつかりの裏に抗争があったりするのがネット社会です。

ですから、新橋4丁目がなぜ週刊0510とアクセスジャーナルで報道されるかです。
この報道で困るのは誰でしょうか。何か事件になれば困る人はいる。
その標的は仲田さんです。
この人はF勇次とかI洋とかそういう人脈で有名な人です。
いま仲田さんは銀座九龍城ビルの和解金を作らねばならない。

2 真珠宮ビル公売も可であると後藤忠政が呟き5月末にカンボジアに帰国、6月末再来日。報道。(週刊報道サイト)


連邦政府TOC制裁対象者が真珠宮ビルを売るという。
公売で落とす者が事情について善意でなければ民事執行法保護はない。

さて、週刊報道サイトによると、銀座九龍城ビル訴訟で、ピュアコーポレーション仲田が和解条件を守れないので訴訟継続とか。
この訴訟と真珠宮ビルが関係あるのかどうかはわからない。
ただ和解条件が金であるなら新橋4丁目がすんなりまとまらないと銀座九龍城ビル訴訟は和解できるか微妙です。仲田さんは金がいる。
逆に言うと、金に迫られ何でもやる状況ではある。
真珠宮ビルにはピーポ君もピーピーぽーポ大津さんも瀧澤さんも後藤さんもそして坂上さんも
日本橋小網町も出てくる分けでして、新橋4丁目に再集結でしょうか。

3 及川幹雄陳述で、真珠宮ビルに25億円融資すると言ったか、強要されたかわからないが、
  20億から25億の金を追っていた佐藤昇氏とお巡りがいると言われている。
アクセスジャーナルおよび週刊報道サイトの続報に期待します。
報道サイト記事にあるように、及川幹雄事件被害額の中に20億円神内由美子氏の金額も入っている。
第一勧銀でも富士銀行でも真珠宮ビルには金は出さない。
それならミリオントラストに金は出すか。
ヴェルディには富士薬品およびGさん虫食いマンションで30億融資した。
それでは神内由美子氏はどこからどこへ金を動かしたのか。
関与したのは誰か。
こういう疑問が次々出てきて、殺人はどうにもとまらないかもしれない。
そういうわけで、アクセスジャーナル報道は報道サイト報道はなんにせよ、
重要なのです。