新橋4丁目元地主Tさん失踪が今年の3月12日。こう報道されている。
愛宕署署員がTさんを自宅まで送った翌日には失踪している。
心配した町内会長が捜索願。
新橋4丁目を登記を見たら、おなじみの方達ばかり。
愛宕署が捜査を始めたことをマスコミが書いたからとマスコミが書きますが、
捜査本部を作るかどうかは別にして捜査は始めますよ。
それくらい登場する面子が濃いですから。
私はそう思う。
マスコミと一部のネット誌が平和恒産と書き立てるので現場を見に行き、
占有者がいると確認。占有者も出てきて何かをお探しですかと言うから、
人殺しを探しているとお答えした。冗談でありました。
さて、平和恒産仲田とすでにがんがん書かれているから、私も検討しますが、
別にこのH恒産N氏がどうのという気はない。
ただ、銀座九龍城ビルと面白く書かれているビルの争奪戦で登記に出てくる会社ではある。
中央区築地4丁目14-10不動産登記(全部事項)2014100229778225.pdf
(甲区25番)
ピュアコーポレーションというのがN氏の会社です。
この九龍城ビルもただの雑居ビルでこの物件を巡りいじくり回しているのには理由があるはず
です。
ようするに、隣にS竹の施設があり、細い道路(多分42条二項道路)もありで、
未使用に近い土地があり、再開発するとでかいビルが建つ可能性あるから、
儲かるかもという思惑で動き始めた地上屋さんがいた。
良くあるはなしで、このビル争奪戦の弁護士バッチは誰で、金融屋金主は誰で、
手口まで考えないと面白くない。
金融屋はTとR、そこに色々整理で参加してきてグチャ付いた。
登記名義人が商業登記をいたずらした雰囲気があり、魔術も霊能弁護士もいそうです。
表面に出でてくるのは、錯覚した地上屋ばかりで上手く行くわけがない。
地上げにも事件も哲学が必要だから。
さて、この築地の銀座中央ビル争奪戦で東京ソックスが出てくる。
代々木の方に支店を持つ金融関係で有名です。
この物件の本質的部分は新宿区のビルにあると思う。
新宿区百人町1丁目211-31不動産登記(土地全部事項) (1).pdf
基本は相続問題があるでしょうし、昔から話題になっていた物件です。
S魂塾とか話題の弁護士がいじくり回していた。

1 こういう物件の歴史があるから、新橋4丁目で話題になる。
まあ曖昧な表現ですが、ここまではわかる。
ただ、それは風説に過ぎない。
三京、CK、そして新橋4丁目近隣物件の登場人物群こそTさん知っていたでしょう。
原点に返って、
魔術霊感天才福岡とか越中とか相富士とか赤富士とかを見直しているのが、
愛宕署ではないか。
銀座中央ビル登記を見ると高度な目眩ましがある。
そこら辺も検討されていますよ。
世の中甘くない。
二匹目の泥鰌はいない。
 CCF20160928