新橋4丁目元地主失踪事件

この元地主の登記名義だった土地登記の一部が下記のもの。
港区新橋4丁目134-1不動産登記(土地全部事項)2016071197391101.PDF
(134-15土地登記受付番号同じ)
甲区1番
原因日付:昭和35年7月6日相続
登記日及び受付番号:平成2年12月25日
41535   権利者高橋礼子

一方高橋礼子さん両親自宅物件
港区新橋5丁目24-4不動産登記(土地全部事項)2016071501886904.PDF
甲区1番
原因日付:昭和35年7月6日相続
登記日及び受付番号:平成2年12月25日第41533号    権利者高橋國子、章
甲区2番
原因日付:昭和54年8月18日相続  高橋章持ち分全部移転 持ち分三分の2
登記日及び受付番号:平成2年12月25日第41534号     権利者高橋礼子

この登記から
高橋さん資産について2度の相続があったとわかる。 
登記だけからは100%の答えは出ませんが、
相続事件その1
昭和35年7月6日相続事件。
ここで相続人が新橋4丁目と新橋5丁目で別になっている。
新橋4丁目相続人 高橋礼子
新橋5丁目相続人 高橋國子、章
ここで被相続人は誰であるかとなる。
同時に、被相続人が高橋礼子さんの祖父であったとすると、
新橋4丁目の相続登記は遺言書登記かもしれない。
相続事件その2
昭和54年8月18日相続事件
これについては被相続人が高橋章、相続人が高橋礼子。
遺産分割協議書もしくは遺言書登記か。
章、國子が夫婦のようであるからそうなる。

そして
 これらの二つの相続登記事件は連件登記で平成2年12月25日に登記されている。 

1 愛宕署はこれらの登記についてコンピュータ化以前の旧帳簿登記も取得されているはず。
そうすると、相続事件その1の被相続人もわかっているはず。
新橋5丁目でも地上げがあって、それは大手ゼネコン、フジタとか間の地上げであるらしく、
等の諸状況は確認済みであろう。

2 事件の背景に真珠宮ビル関係者の地上げがあり、
  同時にリーマンとか新橋再開発の背景もある。
 
そうであるなら平成2年に二つの相続登記事件が高橋礼子さんを相続人として
連件でなされていて、高橋國子さんの持ち分がそのままであることも
意味を見いだせると言える。
この一体は地上げだらけで、インドネシアラヤとかSTART.1物件とか関連があるのです。
(常識です。定説かな。)
 
3 そういう環境下で平和恒産、三京、CKエージェント
それでは、やはり事件かと言われても仕方ないでしょうね。
わたしでさえ、ネットでこの事件がちらついたとき現場を見に行った。遺体の臭いはなかった。
臭いを消す薬剤をまいていた可能性もあるがそれはわからないです。
そして4丁目占有者から誰何された。
ここで平成27年の登記と28年の失踪はまず分離して、しかる後に関連を考えるのが
妥当なことと思います。

4 平成27年の登記で必要な印鑑証明と権利書。
このことは中身が報道されていないので、
憶測ですが、
まず印鑑証明ですが、
印鑑証明の偽造を例えば印刷工場でやったりすることがあった。
印鑑証明用紙を区役所から盗み、用紙という難関をクリアしている奴もいた。
プリントゴッコで印鑑証明書を偽造して成功していた時代もある。
ただ、最近はこういう偽造が発見されやすくなっていて、
私見によれば大田区でテンプラ高橋が印鑑証明書を取得したと思う。
変造ですね。
これは愛宕署はよく調べているはず。
次に権利書ですが
平成2年当時は不動産登記法改正以前だから、旧来の登記済証が権利書になっていたでしょう。
平成2年に相続登記2事件を連件で入れたのは地上げ前提の可能性があると思う。
そして新橋4丁目には未登記建物があったとしておかしくない。
これらを愛宕署は調べているはずだから、
この平成27年所有権移転登記とその後の登記について、
一連の地上げ関連経済行為と捉えるなら、関係者の範囲は広がるが、
じつはそう言う狭い業界ですから、認知するのはそれほど難しくない。
ここで、平成27年の所有権移転登記と28年の失踪は関係性があるでしょうが、
計画性と言うことでは相当な違いがある。(こう思うわけです。)
愛宕署が高橋さん自宅荷物を全部出して何かを探していたら、
それは平成2年に作った、昭和35年と昭和54年の相続登記権利書ではないのか。
当時の登記済権利書なら、ニュー新橋ビル内某が偽造することが出来たでしょう。
あるいは誰か(地上ヶ屋)が持っていたかもしれない。
ただ、國子名義と未登記建物があったら、地上げは難航していたかもしれない。
すると動機はさらに増えてゆく。動機を持つ者も。

あるいは権利書が司法書士保証でされていたとする。
そして権利書を愛宕署が発見していたら書士先生苦しいでしょう。

ニュー新橋ビルの懲りない面々が退去したとか。
何処に行ったのでしょうか。

はやくやっちまった者がいるなら差し出した方が皆楽ですよ。
同じか~~~~。
高橋礼子さんとテンプラ高橋双方を知るものは誰だ。誰かな~。
わたしは両方知りません。

2015年12月31日

ル・グラシエルビルディング.7

〔撮影時期〕
平成28年(2016年)8月

ル・グラシエルビルディング (1)

ル・グラシエルビルディング (2)

【建物名称】
ル・グラシエルビルディング.7

〔旧称等〕
摩天楼ビル7号館

【所在地】
東京都港区新橋6-4-3

〔竣工〕
平成3年(1991年)9月

〔主なテナント等〕
8F 株式会社FINE AGENT
7F DEVNET/JAPAN東京本部
   一般財団法人DEVNET JAPAN(DEVNET Tokyo)
   一般財団法人東久邇宮文化褒賞記念会・東京本部
   一般社団法人国際異業種公友会・東京本部
   J.FAS株式会社
   鴻城義塾山口県鴻城高等学校・同窓会首都圏支部
6F 株式会社アルフィックス・東京支店
2F ビデオテクニカ株式会社
1F ヤマト運輸株式会社・新橋6丁目センター

及び
Fortune Creator Holdings株式会社
合同会社NGIキャピタル
株式会社NGIトラスト
株式会社Freed
株式会社BETTER WILL SALES
株式会社シーズ・ミー
株式会社lino
株式会社コンセント
株式会社プリンスキャピタル
株式会社Epice
株式会社東日本鑑定
株式会社セフティーチョイス
合同会社C2Jパートナーズ
合同会社H&Hパートナーズ
株式会社XEXES
TSホールディングス株式会社

(8F サクラ・ワーク株式会社)
(8F ジャパンシステム)
(3F 行政書士法人鷹悠会)
(3F 株式会社プラチナムホールディングス)
(2F 東京地の果て宣教教会)
(2F Regal Winner Investment Limited.)
(   株式会社FCパートナーズ)
(   合同会社FCキャピタル)

〔主なテナント等/ル・グラシエル・プレジデンツビューロー〕
5F 株式会社アライアンス・リアルター
5F 株式会社ユニバーサルパートナーズ
5F 株式会社T&Mエージェンシー
5F 株式会社アライアンス・リアルター
5F 株式会社FAM
4F イシカワ
4F マリテックジャパン株式会社
4F 一般財団法人日本ドッジボール協会
4F 株式会社エス・ビー・エム
   ブラックフィールド株式会社
   BAYSIA GLOBAL HOLDINGS
4F 株式会社サイバービジネス
4F 株式会社COCOHOME
4F 成南住宅株式会社
   株式会社アイザック
   株式会社セントラル
4F 株式会社IGO
4F 合同会社日本鉱物資源
4F 株式会社トラビアン
4F 株式会社エス・ティ・コーポレーション
4F 株式会社アルフィックス・東京支店
4F ロジデザイン
4F カイトリ
3F 株式会社正里健工
3F 株式会社クリエイティブプレイ
3F 株式会社レーベン
3F エルステッドインターナショナル株式会社
3F 株式会社ウェッブウッズ
   公益社団法人国際経済交流協会
   セントラルグループ事業協同組合
   BCMサービス株式会社
3F 株式会社日本グリーン
3F 株式会社Vanter

〔関連リンク〕
一般財団法人DEVNET Tokyo
http://devnettokyo.jp/
一般財団法人東久邇宮文化褒賞記念会

〔関連建物オフィス等〕
東京都中央区日本橋室町3-3-1E.T.S室町ビル13F・Fortune Creator Holdings(旧所在地)
東京都新宿区本塩町21-14羽毛田ビル3F・東京地の果て宣教教会(移転先)
東京都新宿区大久保2-13-4北原ビル3F・NPO東久邇宮記念会(「東久邇宮文化褒賞記念会」関連)
東京都渋谷区道玄坂2-15-1-1017・株式会社アイザック/成南住宅株式会社


〔記事バージョン〕
Ver 1.2



〔撮影時期〕
平成27年(2015年)12月

ル・グラシエルビルディング.7


〔その他過去テナント等〕
(6F 福博印刷株式会社)
(5F 株式会社木村製作所)
(   城陽富士工業株式会社)
(5F CLOVER PR)
(5F 株式会社グロリ)
(5F 株式会社レンガ)
(5F Parts Solution Coms)
(4F INTERNATIONAL SERVICE CHECK)
(4F 株式会社マスターズ)
(4F 株式会社シエロアスール)
(4F エコシステム株式会社)
(4F 株式会社LUKES)
(3F clio-c.com)
(3F 株式会社エコパートナーズ)
(3F エイチアール・アド HR-ad)
(3F エルステッドインターナショナル株式会社)
(3F 株式会社ユニバーサルパートナーズ)
posted by kitaroou at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | Extreme | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする