本日(平成28年11月17日午前10時)小野塚清刑事事件判決日でありました。
現在(
平成28年11月17日午後11時頃)のところネットやマスコミでその結果の報道はありません。
登記の魔術師と言われ続けた男、小野塚清です。
西麻布迎賓館、川崎東田町プレハブ団地関連で捜査を受けていた魔術師の刑事事件結果の
情報が出てこない。
判決を傍聴にゆけばわかったことですが、魔が憑くし、ネット情報の出方も重要な事実ですから、
待っているわけです。
そこで、判決は出たのでしょうが、予測をしてみる。
1 無罪。厳格なる立証が出来なかった。
2 執行猶予付有罪懲役2年、執行猶予4年。
3 懲役1年6月未決勾留120日。
4 責任能力ないから無罪。
    上記の可能性の内、被害者と和解が出来たかがポイント。
    和解できていたら、和解額は一人2000万でしょう。
5 本人欠席、入院。
6 本人死亡。
上記裁判結果は何でもありでして裁判所と検察の問題ではありません。
電通ワークスの事件と似ている部分はありますがそれとも異質です。
小野塚清は常習的確信的登記詐欺師訴訟詐欺師ですから、
この人を処罰するなら、今進行中のどこかの競売事件でマフネの関与する事件を丁寧に
3件捜査して私文書偽造でも原本不実記載でも簡単な事件で立件し時間差で起訴すれば、
私文書偽造でも連続常習なら、罰金、執行猶予、実刑プラス「弁当食わせる事件」で
すんなり数年隔離できる。すると刑務所惚けで魔術が溶けるか昇天するでしょう。

1 新橋4丁目と小野塚清。
南青山2丁目物件事例みても、小野塚清はアンタッチャブルな存在でした。
アンタッチャブル故にいびつな事件で問題解決が計られる、図られる、謀られる。
法廷外での抗争が発展して死人でも出れば事件化されるだろうというのが大方の予測でした。
魔術師報道も抗争の一部と考えるとわかりやすい。
そういう死人のでた事件は死体がでるまでは事件ではない。
そうすると死体がでてくるのです。事件にしてやるぞ、あの野郎。
伊勢原市駅前物件地権者の死体が死刑囚とやらの告白で出てくる。
あの事件もどうなったのでしょうか。
犯人という本人がいるから、捜査もくそもないのでしょう。
もう一人の齊藤衛の死体は出てこない。死体などないのでしょう。
ただです、伊勢原駅前物件訴訟の行方はどうなるのでしょう。
どういう判決でも小野塚刑事事件と同じで、実は裁判所の問題ではない。
経済行為の部品の一部で裁判所が使われているから、伊勢原駅前再開発が
進行すれば良いだけです。
進行すると思う。事件(経済行為)は裏で和解的解決がされるでしょうからです。
そうやって、和解の場所を作る。事件を拡大させるぞ。
チンコロ合戦。

2 小野塚清傷害事件総括。(1)。小野塚清傷害事件総括。(1)の続き

傷害事件現場で工事人が工事をしていた当日にこの事件現場の所有権移転がなされた。
サーランドピア⇒リアルバリューズと所有権移転登記がなされた。
それは「茄子か」からDBⅡ野坂へと物件名義が移動した。
DBⅡ野坂とは野坂幸司です。
野坂幸司とは東大経済学部三井物産外国ファンド会社という華麗なトラックレコードを
お持ちのお方です。鎌田和彦みたいに格好いい。

ダウンロード (65)

nozaka-koji
株式会社レジデンストーキョー
代表取締役CEO 野坂 幸司氏
【経歴】東京大学法学部卒。ゴールドマンサックス証券の自己勘定投資部門のアナリストを務めた後、2000年からはドイツ証券の自己勘定投資部門の投資責任者として不良債権・不動産投資に携わる。その後、2006年に米系ヘッジファンドに転じ、ヘッジファンド2社の日本における代表者として日本での不動産投資の責任者を務める。2009年からは、主に富裕層向け不動産投資コンサルティングを行う。

要するにRISE、ヒューネット、トラサン地上げです。
実は敬天記事が先行していた。

小野塚報道について読者より投稿 - 敬天新聞社

六本木福吉町ビル: TOKYOカオスエリアコレクション(TCC2)

やはり世間の目は六本木傷害事件と地上屋抗争を見逃していません。

野坂幸司は格好いいし良い履歴の紳士ですから、
所有権を得た物件で、所有権を得た当日に殺人未遂事件報道があったら、
お困りです。敬天新聞に取材されている鎌田和彦と同じですね。
そこで、この物件を手放した。
野坂幸司⇒インセンス⇒フォーシール及びリンク・トラスト

ここでインセンスもですが、ともあれ、フォーシールに注目してみる。
サーランドピアからフォーシールまで、トラサンとか色々地上げで共通した人脈ですから。
それは、茄子も魔術師も含むのであります。元々仲間かも。
images (5)ダウンロード (8)


でありますから、茄子だ茄子だと騒ぐのが不思議です。
茄子があれば色々とレシピが出来る。秋茄子は嫁に食わすな。茄子抜きさえあり得る。
茄子とポークミンチの炒め物もある。可能性を追求しましょう。

さて、フォーシールです。
これは新橋三丁目に本店があった。
新橋6丁目11番3号⇒新橋三丁目3番3号(スルガ新橋本社ビル)⇒新橋5丁目12番1号
この本店履歴を見れば、高橋礼子さん知らないわけはない。
(板垣と同じで知らないという。銀座九龍城も横浜某を拉致している団体があったら、
最上部団体本部からきついお仕置きをされている。取材に行けばいかがでしょうか。)

有限会社フォーシール法人登記簿(全部事項)2016031411454705.PDF
株式会社フォーシール法人登記簿(全部事項)2016031411451744.PDF

小野塚清の抗争相手はフォーシール等になったわけです。

3 日本橋本町4丁目地上げは角地を地上げしないと意味ない。
四角い整形の土地と角地が小野塚と上位レイヤーに支配された歯欠けの土地。
鎌田和彦の出番です。
そこで、何らかの方法でサーランドピアを乗取った。
旧代表板垣が知らないはずがない。
(でも、知らないと言うお約束)
日本橋本町4丁目の地上げは角地の支配者も考えていた。
(ビル経営事業家です)
ですからここで経済抗争になり、背後にヤクザがいればヤクザの代理戦争になる。

4 白骨遺体など誰も予測していない。聞いてないよ~、想定外とホリエモン状態。
小野塚も魔術を掛けられてプライドも立場もなくした。懲役目の前。でも正義と思う小野塚です。
勝敗事件現場は六本木三丁目は日本青年社本部と北在日の地上げ現場です。
抗争になります。
以前は近くで銃殺されたヤクザがいましたね。

チンコロ返しが行われた。ですから高橋礼子再登場するのです。

不測に事態が進行すれば早期解決。茄子かキャベツか瓜南瓜。
野菜の値段が高い今日この頃です。

インスタントプロパガンダがはじまる。

しかし、敬天新聞を読んでいると、みずほ銀行及川幹雄が逮捕の相当前に
自ら敬天新聞を訪問していたとある。
ともかく、情報を取って熟成させているわけです。

真珠宮ビル事件も浅井健二と東京商銀ノンバンク(種子田益男ドレミファクラブ、その後
歌広場)が占有していた。
2012年敬天新聞がすでに警告している。
http://brog.keiten.net/?eid=1096097

結局、伊勢原駅前地権者失踪事件にも関係してくるのです。
町田の公団に他人名義で住む奴とか。

小野塚判決がわかったら続きます。続けます。