及川幹雄というみずほ銀行支店長、審査役が逮捕されるまでに長期間かかった。
長期間かかったというなら、逮捕時期はわかっているから最初がいつかということになる。
多くの人が告発していた。事件化されたのは一件だけ。
ただそう言う告発以前にみずほ銀行に及川を刑事告発せよと、内容証明まで送っていたネット誌が
ある。その意図を私もある意味誤解しており、その不明を恥じるのだが、
及川が相当早い時期に敬天を自ら訪ねていたとは、敬天記事を見るまでわからなかった。
敬天新聞が大津洋三郎と及川関係に強い関心を持っていたのは及川自身から話を聞いていた
わけである。
そうなると、ネット報道の連続のなかに新事実が登場したわけで、
敬天新聞は取材裏付けの上、みずほ銀行に警告を発したと言うことである。
これはみずほ銀行の民事責任を問うときに大きな事実である。
敬天新聞およびマスコミ極少数はみずほ銀行及川刑事事件や民事事件のポイントに
傍聴に来ていたが、そのセンスの良さに感じ入っていたが、取材や情報提供の裏付けがあったと
いうことだ。
裁判は公開が原則であり、クライムジャーナリズムが裁判を傍聴をするのは当然。
むしろそれを行わない、傍聴しても批判的に考えられないマスコミでは人権擁護はおぼつかない。
及川幹雄事件の被害額は60億円余。そのなかに神内由美子の20億外も含まれている。
みなさん、これは半端な金額ではないし、この事件はさらに取材する必要がある。
及川幹雄は捜査側にも供述をしているようだが、
それはポジショントークであり、自分の身をも掛けた供述ではないから、
刑事事件にするときに捜査側はためらうのである。
最近、新橋4丁目事件で三京のチバちゃんについて、

こういうコメントがきた、之を見て警察内部から情報が抜けていると考えるのは私だけだろうか。
最近、堀政連合小濱秀治の刑事事件のニュースがない。
この種の世界の事件では捜査を誘導するためあり得ないことがおこなわれる。
真珠宮ビル事件のシャム双生児である、新橋4丁目事件。
茄子かキャベツか廻し切り(もとい、回し蹴り)というから、ずいぶんとバイアスを掛けまくっていると
思う次第。
みずほ銀行事件で行政麻生と騒がれたのも同じ。
何もないところで釣りをさせるということ。
麻生さんと通常一般では意味の違うところがある。
生まれたときから金に縁のある人とない人の違い。
銀行はギョウセイ株式を処理したいが、担当は証券会社で、
金を貸せる相手は、ギョウセイ株式担保ではそれほど多くなく、
また金を借りてギョウセイ株式買う人もやはり少ない。
麻生さんは金持ちだから目を付けられただけ。
ヤバい部分は、麻生さんに行く前に処理されている。
玄界灘の河豚食わせる河豚屋と同じです。
危ない部分は事前に処理。
総理になるため危ない金を追い続ける、小沢一郎との違いです。

いまさらながら、鈴木君が歩いているという風説を流す暮れの巷です。
??????.
堀政連合小濱秀治組長の裁判は何時あるのでしょうか。

阿吽の呼吸で指示しているから阿吽の感覚で判決だせばいいのでは。

ポジショントークですが及川幹雄の陳述を吟味してください。
記事に出来る部分もある。わからないだけ。
20160608みずほ裁判.rtf