残業100時間をめぐり首相裁定で100時間と100時間未満の争いに決着がつきました。
連合案と経団連案のどこが違うかよくわからない。
99時間と100時間の差は1時間。100時間残業して10時間さぼったほうがいいと思う
私であります。
仕事があれば何でもしたい。
さて、なんとまあ穏やかな経済闘争が労使で行われている。
ところが巷では、クロネコがリヤカー引いて走り回っている。
この若い人たちは10年後もリヤカー引いているのでしょうか。
デカい矛盾があるわけでして、佐川急便が拡大をやめて、どう工夫するか。
見ものであります。新分野は高学歴からは生まれない。
思えば35年以上前の宅配配送料金と今の宅配料金がかわらない。
当時、佐川急便は個数で料金をカウントしていたので、
ガンダム梱包で配送料を節約しました。
(複数商品をガムテープでぐるぐる巻きにして一個と言い張る。)
エレベーターない団地五階に安いミネラルウオーターを運ばせる婆もいる。
ともかく、経団連桜田氏と総評太田氏の攻防は見ごたえがあり、
そのころ東芝は盤石でした。
何事にも拡大の限界が来る。無限に広がることはない。

1 金正男暗殺犯とされた、高麗航空職員が北朝鮮に帰国。

この北朝鮮のマレー駐在員たちは北朝鮮帰国後どういう扱いを受けるのでしょうか。
世界の現実、日本の非現実。
桜田武氏は100メートル離れたとこからみても恐ろしい人でした。
そういう時代から40年、50年、残業100時間と100時間未満が問題の日本。
空前絶後、前代未聞であります。
森友学園の絵図は相変わらずですが、いったい皆さん安倍首相のどこがそんなに気に
入らないのでしょうか。夫人があきえさんというだけで厳しい懲罰を受けているのに。
気の毒であります。

2 そういう緩い時代に蔓延する地上げビジネス。
内田マイク、福田尚人らの犯罪もですが、
地上げ犯罪は百人町の在日が開発したことで、北朝鮮送金と深く関係がある。
内田マイクらが横浜の伝統業者を嵌めたわけですが、
そういう構図をつくる方法論があるようです。
たぶん、北朝鮮第某室あたりで開発されている手法でしょう。
セットアップなんでありますが、
金正男殺人方法と同じく、二重三重構造で背後がわかりにくい。
ところが、新橋4丁目事件でそういう業界の亀裂が明らかになった。
そういう亀裂が背後をめくるのであります。
伝統的地面師犯罪業界がどういう変化をとげているかを観察することが大事。
防犯ですね。
最近、あたらしい地面師犯罪らしきものがわかってきた。
言語化して説明できるようになると防犯啓蒙になると思う。

ところで金正男関連金東伯ですが、宮前平で仕事をしている当時は、
Sさんから5億円くらい回収していました。
基本的にはヤクザとコラボする詐欺師仕事師でした。
不思議に思うのは16年前の事件が見直されている感じがする。
時代は変わるですね。